猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

山手七福神の案内

山手七福神の概要

山手七福神(山の手七福神)は、港区白金台・目黒区下目黒にある七ヶ寺から構成される七福神めぐりで、江戸時代に開創したといわれる東京近郊では最古の七福神巡りの一つだといいます。

江戸東京札所事典(下町タイムズ)による山手七福神の由緒

蟠龍寺に安永四年(一七七五)の山の手七福神の標石あり、事実ならこの七福神が最も古いことになる。毘沙門天は立行寺より天現寺そして現在は覚林寺(清正公様昭和五十九年より)となる。(江戸東京札所事典より)

山手七福神一覧

蟠龍寺(弁財天)
目黒区下目黒3-4-4
瀧泉寺(恵比寿)
目黒区下目黒3-20-26
大圓寺(大黒天)
目黒区下目黒1-8-5
妙圓寺(福禄寿)
港区白金台3-17-5
妙圓寺(寿老人)
港区白金台3-17-5
瑞聖寺(布袋尊)
港区白金台3-2-19
覚林寺(毘沙門天)
港区白金台1-1-47






東京都の七福神巡り