猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

徳正寺|港区元麻布にある浄土真宗本願寺派寺院

徳正寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の徳正寺は、松本山と号します。徳正寺は、釋道教(俗名毛利兵庫治信、明暦元年1655年寂)が寛永元年(1624)一本松の側に庵室を結び、寛永15年(1638)寺號を公称、寛保3年(1743)当地へ移転したといいます。

徳正寺
徳正寺の概要
山号 松本山
院号 -
寺号 徳正寺
住所 港区元麻布1-2-10
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



徳正寺の縁起

徳正寺は、釋道教(俗名毛利兵庫治信、明暦元年1655年寂)が寛永元年(1624)一本松の側に庵室を結び、寛永15年(1638)寺號を公称、寛保3年(1743)当地へ移転したといいます。

「麻布區史」による徳正寺の縁起

松本山徳正寺(本願寺派)一本松三五
寛永元年三月釋道教(生国紀伊、俗名毛利兵庫治信、明暦元年二月十七日寂)關東に下向し、一本松の側に庵室を結び、同十五年八月現寺號を稱し、寛保三年現在の地へ移轉した。『府内備考』に「寛保三年六月十八日専量代建立畢大工西久保五平次々杢右衛門」云々と書いた棟札が存した事を載せてゐる。(「麻布區史」より)


徳正寺の周辺図


参考資料
  • 「麻布區史」