猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

興禅寺|港区白金にある臨済宗妙心寺派寺院

興禅寺の概要

臨済宗妙心寺派寺院の興禅寺は、大雄山と号します。上杉弾正大弼定勝の嫡女(長松院松嶺隠之尼禅師)が開基となり、玉舟祖冷を開山として、延宝2年(1674)創建したといいます。

興禅寺
興禅寺の概要
山号 大雄山
院号 -
寺号 興禅寺
住所 港区白金6-14-6
宗派 臨済宗妙心寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



興禅寺の縁起

興禅寺は、上杉弾正大弼定勝の嫡女(長松院松嶺隠之尼禅師)が開基となり、玉舟祖冷を開山として、延宝2年(1674)創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による興禅寺の縁起

(今里村)興禅寺
境内年貢地2町6畝8歩。宇蜀江台にあり。臨済宗京都妙心寺末、大雄山と号す。延宝2年創建せり。開山は玉舟祖冷、開基は上杉弾正大弼定勝が嫡女なり。此人後に薙染して長松院松嶺隠之尼禅師と号す。本堂15間に7間、本尊釈迦如来を安ず。
鐘楼、本堂の左にあり。
毘沙門堂、門の側にあり。2間に1間半なり。
稲荷社、庫裡の後背にあり、小祠。(新編武蔵風土記稿より)

「芝區誌」による興禅寺の縁起

興禅寺 白金三光町三百三十二番地
大雄山と號す。臨済宗京都妙心寺末。延寳二年上杉弾正大弼定勝の女長松院の創建。開山は祖冷。(「芝區誌」より)


興禅寺の周辺図


参考資料
  • 「芝區誌」
  • 新編武蔵風土記稿