猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

清林寺|港区高輪にある浄土宗寺院

清林寺の概要

浄土宗寺院の清林寺は、金泉山五劫院と号します。清林寺の創建年代は不詳ですが、乗蓮社頓誉聖人智哲(寛文8年1668年寂)が開山、益田金六の祖母永寿院葉誉妙林尼(寛文11年1671年寂)が開基となり創建したといいます。

清林寺
清林寺の概要
山号 金泉山
院号 五劫院
寺号 清林寺
住所 港区高輪2-6-6
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



清林寺の縁起

清林寺の創建年代は不詳ですが、乗蓮社頓誉聖人智哲(寛文8年1668年寂)が開山、益田金六の祖母永寿院葉誉妙林尼(寛文11年1671年寂)が開基となり創建したといいます。

御府内寺社備考による清林寺の縁起

京都知恩院末 芝二本榎
金泉山五劫院清林寺、境内四百九十五坪内三百七十坪拝領地百二十五坪年貢地
起立年代相知不申候。
開山乗蓮社頓誉聖人智哲寛文八戌申年八月十日卒
開基永寿院葉誉妙林尼寛文十一辛亥年七月五日卒
本堂間口五間奥行五間半
本尊五劫恩惟阿弥陀如来、木坐像丈四尺三寸善導大師作。(御府内寺社備考より)

「芝區誌」による清林寺の縁起

清林寺 二本榎二丁目四番地
浄土宗鎮西派。創建年月は不詳であるが、多分寛文年間であらう。開山は頓譽知哲。開基は益田金六の祖母永壽院葉譽妙林法尼である。本寺は明治二十四年十月二十三日焼失し、其後再建した。(「芝區誌」より)


清林寺の周辺図


参考資料
  • 「芝區誌」
  • 御府内寺社備考