猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内 猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

田中稲荷神社|練馬区中村南の神社

田中稲荷神社の概要

田中稲荷神社は、練馬区中村南にある稲荷神社です。田中稲荷神社は、寛政10年(1798)12月、京都伏見稲荷より神霊を奉祀、社殿を建築したと伝えられています。

田中稲荷神社
田中稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 宇気母知命
相殿 -
境内社 -
祭日 例大祭2月初午日・11月5日
住所 練馬区中村南2-7
備考 -



田中稲荷神社の由緒

田中稲荷神社は、寛政10年(1798)12月、京都伏見稲荷より神霊を奉祀、社殿を建築したと伝えられています。

「練馬区の神社」による田中稲荷神社の由緒

新編武蔵風土記稿中村の項に「八幡社 村ノ鎮守ナリ。南蔵院持。下持同ジ。稲荷社……」とあり、創立年代は不詳だが、南蔵院が別当寺であった。言い伝えによると、寛政10年(1798)12月、京都伏見稲荷より神霊を奉祀して、村中持で社殿を建築したと言われている。
現在の社殿は昭和32年(1957)の改築であることが、社殿改築記念碑から分かる。碑に「中村町田中稲荷神社」とあるのは当社の通称であろう。境内で一番古い有造物は明治9年(1876)銘の水盤である。
境内樹木のほとんどがイチョウで、かなりの大樹もある。(「練馬区の神社」より)


田中稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 「練馬の神社」(練馬区教育委員会)



経営革新等支援期間

梅本会計事務所

会社設立・起業サポートセンター