猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内 猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

成子天神社|新宿区西新宿の神社、成子村鎮守

成子天神社の概要

成子天神社は、新宿区西新宿にある神社です。成子天神社は、現在地より北よりの旧柏木村(新宿区北新宿付近)に延喜3年(903)鎮座、源頼朝や上杉憲実などの崇敬を受けたといいます。江戸時代に柏木村より成子村(町)が分村、寛文元年(1661)当地へ遷座したといいます。

成子天神社
成子天神社の概要
社号 成子天神社
祭神 菅原道真公
相殿 -
境内社 富士塚、鷲神社、鳴子稲荷神社
住所 新宿区西新宿8-14-10
祭日 例祭日9月25日
備考 成子村鎮守



成子天神社の由緒

成子天神社は、現在地より北よりの旧柏木村(新宿区北新宿付近)に延喜3年(903)鎮座、源頼朝や上杉憲実などの崇敬を受けたといいます。江戸時代に柏木村より成子村(町)が分村、寛文元年(1661)当地へ遷座したといいます。

ガイドブック新宿区の文化財による成子天神社の由緒

社伝によると、延喜3年(903)の創建であるといわれ、祭神は菅原道真である。その後、建久8年(1197)に源頼朝が社殿を造営したというが、詳しいことはわからない。現在地へ移ったのは寛文元年(1661)であり、柏木・成子地区の鎮守となった。
境内の社殿わきに七個の力石があり、秋の大祭には村の若者たちが力くらべをした。石には重さと持ちあげたと思われる人の人名が刻まれている。
また境内奥には富士塚がある。もと天神山という小山があり、それを大正9年に改造したものである。丸藤成子講という講組織があって柏木地区を中心に活動していたが、現在は活動していない。(ガイドブック新宿区の文化財より)

東京都神社名鑑による熊野神社の由緒

延喜三年(九〇三)平和、文道の神と祀られ、建久八年(一一九七)源頼朝、社殿を造営、応永年間(一三九四-一四二八)上杉憲実、文書類を納めて御造営、慶長年間(一二四九-五六)将軍家光より春日局に柏木鳴子の地を賜わる。寛文元年(一六六一)局御造営後、円照寺に別当職として管理させる。正保年間(一六四四-八)円照寺が増築、元禄二年(一六八九)再び造営、局死後麟祥寺に賜わる。寛政三年(一七九一)祝融の災火で神宝・神器・記録のたぐいことごとく焼失。昭和二十年五月二十五日戦災焼失、昭和四十一年九月二十五日再建、現在にいたる。(東京都神社名鑑より)


成子天神社所蔵の文化財

  • 成子天神社の力石(新宿区指定有形民俗文化財)
  • 富士塚

成子天神社の力石

社殿の前に置かれている七個の石を力石という。
昭和初期まで、毎年9月25日の大祭で村の若者たちの力くらべに使われたもので、卵形の自然石に四十貫(約218kg)という重量と、喜太郎・虎松など持上げた人の名が刻まれている。(新宿区教育委員会掲示より)


成子天神社の周辺図