猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内 猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

永倉稲荷神社|墨田区緑の神社

永倉稲荷神社の概要

永倉稲荷神社は、墨田区緑にある稲荷神社です。永倉稲荷神社は、大正2年(1913)に当地近くの永倉町で火災があった際、焼け跡から稲荷社の跡が発見されたことから、祟りを鎮めるために創建されたといいます。大正6年伏見瓢単山の稲荷神社の分霊を合祀、太平洋戦争後に当地へ遷座・再建したといいます。

永倉稲荷神社
永倉稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 宇迦之御魂命
相殿 -
境内社 -
住所 墨田区緑4-38-5
祭日 -
備考 -



永倉稲荷神社の由緒

永倉稲荷神社は、大正2年(1913)に当地近くの永倉町で火災があった際、焼け跡から稲荷社の跡が発見されたことから、祟りを鎮めるために創建されたといいます。大正6年伏見瓢単山の稲荷神社の分霊を合祀、太平洋戦争後に当地へ遷座・再建したといいます。

東京都神社名鑑による永倉稲荷神社の由緒

大正二年元本所区永倉町一番地菓子商市川氏宅より出火し、永倉町創立以来の大火災となり、鎮火後、跡片付のさいに稲荷の社跡が発見され、占ったところ稲荷大神の災なりとのことに有志が協議のうえ、氷倉町の一隅に社を建立し、火厄除の神として奉斎し、永倉稲荷神社と称した。ついで大正六年伏見瓢単山の稲荷神社の分霊をあわせ奉斎した。(東京都神社名鑑より)


永倉稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る