猫の足あとによる墨田区・東京都・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる東京都寺社案内

榎戸稲荷神社|墨田区業平の神社

榎戸稲荷神社の概要

榎戸稲荷神社は、墨田区業平にある神社です。榎戸稲荷神社の創建年代は不詳ながら、旧別当榎土山常照寺の開基斉覚法印が慶長年間(1596-1615)に勧請、榎戸稲荷社と尊称したといいます。当地周辺を柳島村榎戸(土)耕地と呼ばれていたことから、常照寺の山号を榎土山、その稲荷を榎戸稲荷と称されてきました。

榎戸稲荷神社
榎戸稲荷神社の概要
社号 榎戸稲荷神社
祭神 宇迦之御魂命
相殿 -
境内社 冨士嶽神社
住所 墨田区業平5-4-23
祭日 -
備考 -



榎戸稲荷神社の由緒

榎戸稲荷神社の創建年代は不詳ながら、旧別当榎土山常照寺の開基斉覚法印が慶長年間(1596-1615)に勧請、榎戸稲荷社と尊称したといいます。当地周辺を柳島村榎戸(土)耕地と呼ばれていたことから、常照寺の山号を榎土山、その稲荷を榎戸稲荷と称されてきました。

境内石柱による榎戸稲荷神社の由緒

往古より柳島の地に、四民の崇敬篤き稲荷大明神をまつる霊験あらたかな神社有り、元禄十丁癸年、武蔵国葛飾郡柳島村検地水帳に「稲荷大明神、社地7畝28歩余り、榎戸山常照寺持」とある。明治維新の神仏分離令により、名を榎戸稲荷社と改め、今日に至る。平成改元を機に有志にて建立す。(境内石柱より)

東京都神社名鑑による榎戸稲荷神社の由緒

創立年代は詳らでないが、三百数十年前の鎮座なりと伝えられる。社伝によると別当常照寺の開基斉覚法印が慶長年間(一五九六-一六一五)に勧請、榎戸稲荷社と尊称するとある。元禄十年(一六〇一)武蔵国葛飾郡柳島村の検地水帳には社地七畝廿八歩とあり、また『葛西誌』にも常照寺客殿に向って右の方に三間に二間、前に木鳥居を建て、社地すべて古木生茂りて古社とみえたとある。(東京都神社名鑑より)

「墨田区史」による榎戸稲荷神社の由緒

創建の由来は不明であるが、「葛西志」(文政四年=一八二一刊)の柳島村の項に「常照寺境内除地三百廿坪村の西の方、押上村境に有、天台宗にて浅草東光院の末なり、榎土山と号す、本尊阿弥陀如来を安す、永禄九年(一五六六)の草創といへり。榎土稲荷社除地二百三十八坪、客殿に向て右の方にあり、三間に二間、前に木鳥居を建、歓喜天、弁財天、大黒天、多聞天の四座を相殿す」と記されている。また、古くはこの地一帯を柳島村榎戸耕地と称していた。
社殿の南わきに榎戸不動尊の小舎があり、水盤が備えられている。(「墨田区史」より)

新編武蔵風土記稿による榎戸稲荷神社の由緒

(柳島村)
福稲荷社
常照寺持。(新編武蔵風土記稿より)


榎戸稲荷神社の周辺図