猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内 猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

源光寺|墨田区本所にある浄土真宗本願寺派系単立寺院

源光寺の概要

浄土真宗本願寺派系単立寺院の源光寺は、中郷山と号します。源光寺は、権大僧正光円法印(源頼光8代の子孫浅野四郎光俊)が慶長3年(1598)本所中之郷原庭町に創建、延享4年(1774)当地へ移転したといいます。

源光寺
源光寺の概要
山号 中郷山
院号 -
寺号 源光寺
住所 墨田区本所2-13-14
本尊 阿弥陀如来立像
宗派 浄土真宗本願寺派系単立
葬儀・墓地 永代供養合祀墓無門堂
備考 -



源光寺の縁起

源光寺は、権大僧正光円法印(源頼光8代の子孫浅野四郎光俊)が慶長3年(1598)本所中之郷原庭町に創建、延享4年(1774)当地へ移転したといいます。

「すみだの史跡文化財めぐり」による源光寺の縁起

中郷山源光寺は浄土真宗大谷派に属し、東本願寺末の名刹です。慶長3年(1598)本所中之郷原庭町、里俗にいう蛇山の地に創建されましたが、延享4年(1774)にいたり、本所荒井町に移転しました。
開山は源頼光8代の子孫浅野四郎光俊で、権大僧正光円法印と称した人です。本尊釈迦如来像が安置されています。なお、今は埋められた北割下水は、源光寺の辺りから東進して横十間川に到っていました。(すみだの史跡文化財めぐりより)

「東京名所図会」による源光寺の縁起

源光寺は同町(荒井町)五十七番地に在り。中郷山と號す。真宗にして東本願寺の末なり。(東京名所図会より)

「本所區史」による源光寺の縁起

源光寺は同町(荒井町)五十七番地に在り中郷山と號し眞宗にして東本願寺の末である。同寺はもと本所中之郷原庭町蛇山にあつたが延享四年此の地に移轉した。開基は源頼光の後裔淺野四郎権大僧都光圓法印で本尊は徳川家康竝びに秀忠の尊崇淺からざりしものなりといふ。境内には堂塔多く什寶も少なくなかつた。(「本所區史」より)


源光寺所蔵の文化財

  • 川尻清潭の墓

源光寺の周辺図