猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内 猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

円通寺|墨田区押上にある天台宗寺院

円通寺の概要

天台宗寺院の円通寺は飛木山普門院と号します。円通寺は、応仁元年(1467)に良秀法印を開山として創建したといいます。南葛八十八ヶ所霊場62番札所です。

円通寺
円通寺の概要
山号 飛木山
院号 普門院
寺号 円通寺
住所 墨田区押上2-39-6
本尊 阿弥陀如来
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 南葛八十八ヶ所霊場62番札所



円通寺の縁起

円通寺は、応仁元年(1467)に良秀法印を開山として創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による円通寺の縁起

円通寺
天台宗江戸浅草寺の末。飛木山普門院と号す。開山良秀応仁元年正月3日寂す。本尊弥陀傍に不動を置。
地蔵堂。弥陀堂、往来を隔て向の墓所にあれとここも当寺除地の内なりと云。地蔵を相座とす。(新編武蔵風土記稿より)

すみだの史跡文化財めぐりによる円通寺の縁起

飛木山普門院といい、かつて浅草寺末の天台宗の寺院で、本尊は阿弥陀如来です。良秀法印を開山として、応仁元年(1467)に創建されたと伝えられています。
なお、庫裡裏の合祀墓域には、高さ60cmの石柱に笠をいただいた享保14年(1729)銘庚申尊石燈籠があります。(すみだの史跡文化財めぐりより)


円通寺所蔵の文化財

  • 明暦2年銘地蔵菩薩立像(墨田区登録文化財)
  • 元文5年銘庚申塚
  • 北向脚気地蔵尊

明暦2年銘地蔵菩薩立像

錫杖の一部に欠損あるのは惜しまれますが、ほぼ原形を保ち、区内でも最古に属する石仏です。尊像の顔貌は童顔に満ちていて、江戸初期の佳作にふさわしいもおです。
舟形光背は細身で、尊像の丈に比べて不似合いなほど大きくし、上端に反りを持たせた江戸期特有の形態を示しています。
銘を「干時明暦二年丙甲(1656) 奉造立地蔵大菩薩為寒念佛供養也 殊者当村血縁衆為菩提也 二月吉日」としています。
この地蔵菩薩は寺島村新田(旧称)の、地蔵講中による「寒念仏」を修したことを記念していると同時に、結縁衆の「菩提」を弔うために造立・奉納されたものでもあります。
かつての、村落共同体による地蔵講・観音講・庚申講などが、ほとんど姿を消してしまったことは惜しまれます。(墨田区掲示より)

円通寺の周辺図


大きな地図で見る