正観寺|墨田区押上にある天台宗寺院

猫の足あとによる東京都寺社案内

福聚山正観寺|南葛八十八ヶ所霊場

正観寺の概要

天台宗寺院の正観寺は、福聚山慈眼院と号します。正正観寺は、天正20年(1593年)浅草寺の忠尊和尚が開基し創建したと伝えられます。南葛八十八ヶ所霊場67番、新葛西三十三所観音霊場20番です。

正観寺
正観寺の概要
山号 福聚山
院号 慈眼院
寺号 正観寺
住所 墨田区押上3-32-4
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



正観寺の周辺図

正観寺は、天正20年(1593年)浅草寺の忠尊和尚が開基し創建したと伝えられます。

「墨田区史」による正観寺の縁起

正観寺(押上三丁目三二番四号)
天台宗浅草東光院末寺で、福聚山と号L、文禄二年(一五九三)の創建である。 開山は忠尊和尚と伝えるが、一説には僧重斎ともいう。本尊は阿弥陀如来である。なお、「東都歳事記」には、元禄ころの記録として葛西三十三所観音参りが挙げられているが、正観寺はその二一番に名を連ねている。(「墨田区史」より)

新編武蔵風土記稿による正観寺の縁起

正観寺
同宗(天台宗)浅草東光院の末、福聚山慈眼院と号す。本尊阿弥陀、傍に観音あり。開山重奮承応2年5月25日死す。客殿に聖天あり。
地蔵堂。本尊の外、弥陀をも置り共に石像なり。(新編武蔵風土記稿より)


正観寺の周辺図

古地図で見る正観寺

アプリ大江戸今昔めぐりのダウンロードは下記よりどうぞ

大江戸今昔めぐりダウンロードページURLのQRコード

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿