猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内 猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

本法寺|墨田区横川にある日蓮宗寺院

本法寺の概要

日蓮宗寺院の本法寺は、妙栄山と号します。本法寺は、文禄4年(1595)寿明院日慶上人が神田に土地を拝領して創建、慶安2年(1649)上野谷中へ、元禄2年(1689)当地へ移転したといいます。境内には狩野元信の墓・伊藤宗印の墓碑があるといいます。

本法寺
本法寺の概要
山号 妙栄山
院号 -
寺号 本法寺
住所 墨田区横川1-12-12
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 本法寺墓地受付中
備考 -



本法寺の縁起

本法寺は、文禄4年(1595)寿明院日慶上人が神田に土地を拝領して創建、慶安2年(1649)上野谷中へ、元禄2年(1689)当地へ移転したといいます。

「東京名所図会」による本法寺の縁起

本法寺
本法寺は。太平町一丁目百三十番地に在り。妙榮山と號す。日蓮宗にして。京都本國寺の末なり。文禄四年日慶上人神田に創建し。慶安年間に至りて谷中に移り。元禄中此地に轉ぜしといふ。
もと寺中に法雲院、本妙院、玄授坊。十乗坊、真如坊、住詮坊ありしが。今はなし。(東京名所図会より)

すみだの史跡文化財めぐりによる本法寺の縁起

文禄4年(1595)、寿明院日慶上人が神田に土地を拝領して創建し、その後、慶安2年(1649)上野谷中に移り、そらにその地が公収されたため、元禄2年(1689)本所に移転したものです。日蓮宗で京都本圀寺の末寺です。(すみだの史跡文化財めぐりより)

墨田区お寺めぐり地図による本法寺の縁起

当山古文書によると、元和元年(1615)から寛永5年(1629)の間に開創されたようです。守護神として願満稲荷を祀っています。墓地には狩野元信の墓があり、命日には書画家が参拝にきます。将棋の11世名人伊藤宗印の菩提所でもあります。(墨田区お寺めぐり地図より)


本法寺所蔵の文化財

  • 狩野元信の墓
  • 伊藤宗印の墓碑

狩野元信の墓

本法寺は、文禄4年(1595)、日慶が神田に創建し、慶安2年(1649)谷中に移り、さらに元禄2年(1689)に本所の現在地に移転しました。 狩野元信は室町時代の画家です。文明8年(1476)、狩野派の始祖狩野正信の長男として京都に生まれました。のちに将軍義晴の命により剃髪して法眼となり、永仙と号しました。父の跡を継いで室町時代の御用絵師となり、狩野派発展の基礎を確立しました。 元信は父の画風を受け継ぎながら漢画の既成諸様式を修め整理融合し、大和絵の手法を加えて装飾性豊かな障壁画の様式を大成しました。代表作には大徳寺大仙院客殿襖絵や妙心寺霊雲院旧方丈襖絵などがあります。永禄2年(1559)10月16日、84歳で没しました。 この墓は昭和30年10月狩野文氏によって再建されたものです。(墨田区教育委員会)

本法寺の概要


大きな地図で見る