猫の足あとによる台東区・東京都・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる東京都寺社案内

宋雲院|台東区東上野にある臨済宗大徳寺派寺院

宋雲院の概要

臨済宗大徳寺派の宋雲院は、立花飛騨守宗茂実母(宋雲院殿花岳紹春大姉)が開基となり、広徳寺三世大徳州甫禅師大和尚を開祖として慶長16年(1611)に創建したといいます。

宋雲院
宋雲院の概要
山号 -
院号 宋雲院
寺号 -
住所 台東区東上野4-1-12
宗派 臨済宗大徳寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



宋雲院の縁起

宋雲院は、立花飛騨守宗茂実母(宋雲院殿花岳紹春大姉)が開基となり、広徳寺三世大徳州甫禅師大和尚を開祖として慶長16年(1611)に創建したといいます。

「下谷區史」による宋雲院の縁起

宋雲院(北稲荷町五七番地)
京都大徳寺末、本尊釋迦如来。(大正十二年九月焼失)慶長十六年神田昌平橋内廣徳寺内に創建、開基は立花宗茂の生母齋藤氏(宋雲院殿華兵紹春大師)である。(「下谷區史」より)

御府内寺社備考による宋雲院の縁起

宋雲院
開祖本坊三世前住大徳州甫禅師大和尚、諱宗鎮奉、勅住大徳寺賜紫衣。寛永12年11月18日寂。
開基宋雲院殿花岳紹春大姉、俗名立花飛騨守宗茂実母。慶長16年4月27日卒。
本尊釈迦。
鎮守稲荷。(御府内寺社備考広徳寺項より)


宋雲院の周辺図


参考資料

  • 「下谷區史」
  • 御府内寺社備考