猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内 猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

観静院|豊島区南池袋にある日蓮宗寺院

観静院の概要

日蓮宗寺院の観静院は、平等山と号します。観静院は、元禄初期に法明寺塔頭として創立、江戸時代には池袋御嶽神社の別当寺を勤めていました。雑司が谷七福神の弁財天です。

観静院全景
観静院の概要
山号 平等山
院号 -
寺号 観静院
住所 豊島区南池袋3-5-7
本尊 日通筆曼荼羅、日蓮坐像
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 雑司が谷七福神の弁財天



観静院の縁起

観静院は、元禄年間(1688-1704)に眞光坊日眞が法明寺塔頭として創立したといい、江戸時代には池袋御嶽神社の別当寺を勤めていたといいます。

「豊島の寺院」による観静院の縁起

(雑司ヶ谷村法明寺塔中)観静院
本尊三寶を置、下同じ開基眞光坊日眞(「豊島の寺院」より)

「豊島の寺院」による観静院の縁起

元禄初期の創立、梅林の中に天神堂があり、加藤清正が文禄~慶長の役の時御神体を守護神としたという。その後、法明寺塔頭として創立され天神堂を吸収して今日に至る。また代々の住職は池袋御嶽神社の別当を努めていたが、神社は明治の神仏分離により、また戦中の国体法に基き神社本庁に組み入れられる。昭和20年戦災を被る。(「豊島の寺院」より)


観静院の周辺図