猫の足あとによる千葉県寺社案内

神明神社(村田町)|千葉市中央区村田町の神社

神明神社(村田町)の概要

神明神社(村田町)は、千葉市中央区村田町にある神社です。神明神社(村田町)の創建年代等は不詳ながら、別当寺だった泉福寺が永正3年(1506)に創建、開基した日眼は当社の社僧を勤めていたといいます。水害による罹災の都度再建されています。

神明神社
神明神社の概要
社号 神明神社
祭神 天照皇大神・大日要貴命・豊受皇太神・月夜見命
相殿 -
境内社 水天神社、弁財天神社、他4社
住所 千葉市中央区村田町418
祭日 -
備考 -



神明神社(村田町)の由緒

神明神社(村田町)の創建年代等は不詳ながら、別当寺だった泉福寺が永正3年(1506)に創建、開基した日眼は当社の社僧を勤めていたといいます。水害による罹災の都度再建されています。

「千葉県神社名鑑」による神明神社(村田町)の由緒

由緒無記載(「千葉県神社名鑑」より)

「千葉縣千葉郡誌」による神明神社(村田町)の由緒

神明神社
生實濱野村村田區字野際に鎮座す。天照皇大神、春日大神、八幡大神を合祀す。勧請年月日詳ならず村田區の氏神にして永禄年中大風雨高潮にて兩總境字村田川へ押上げ己に村田一圓悉く建物流失す。然るに本社の祠のみ忽然として殘れり、是を村民神主に問ふ。神主曰『神明なり』と故に氏神に勧請すと。
本殿間口三間奥行き二間半、境内三百八十坪、氏子百三十一戸あり。天明三年水害に罹り社殿悉く流失し、後假に之を祭りしが弘化元年現今の社殿を造築せり。(「千葉縣千葉郡誌」より)

千葉市教育委員会掲示による神明神社(村田町)の由緒

当社は、天照皇大神・大日要貴命・豊受皇太神・月夜見命の四座を祭神としています。
創建次期は由来が諸説あって定かではありませんが、日泰上人の弟子であり、永正3年(1506)に村田町の泉福寺を開基した日眼は、当神明宮の社僧であったといわれています。泉福寺は山号を神明山と称し、当社の別当寺となります。
昭和28年の改修時に、延宝9年(1681)の年号が記された棟札が発見されました。
現在の社殿は、弘化元年(1844)に新規造営を計画し、嘉永元年(1848)に建立されたものです。(千葉市教育委員会掲示より)


神明神社(村田町)の周辺図