黒砂浅間神社|千葉市稲毛区黒砂の神社

猫の足あとによる千葉県寺社案内

黒砂浅間神社|千葉市稲毛区黒砂の神社

黒砂浅間神社の概要

黒砂浅間神社は、千葉市稲毛区黒砂にある神社です。黒砂浅間神社は、文化12年(1815)に浅間大菩薩を勧請して創建、明治44年天神社・道祖神社を合祀したといいます。境内の大師堂は、廃寺となった真光院のもので、千葉寺十善講八十八ヶ所霊場25番です。

黒砂浅間神社
黒砂浅間神社の概要
社号 浅間神社
祭神 木花之開耶比賣命、菅原道真霊、八衢比古命、八衢比賣命
相殿 菅原道真霊、八衢比古命、八衢比賣命
境内社 金刀比羅宮、稲荷神社、三峰社・天満宮・子安社・疱瘡社・厳島社・道祖社合殿
祭日 7月15日
住所 千葉市稲毛区黒砂3-9-13
備考 旧村社



黒砂浅間神社の由緒

黒砂浅間神社は、文化12年(1815)に浅間大菩薩を勧請して創建、明治44年天神社・道祖神社を合祀したといいます。

千葉県神社名鑑による検見川神社の由緒

文化一二年夏浅間大菩薩を遷宮す。文久元年一二月社殿を再建、慶応元年一一月石段を再建。明治四四年六月稲毛台鎮座の天神社・道祖神社を合祀。大正九年五月神鏡奉納。昭和四九年七月社殿・社務所を再建した。(「千葉県神社名鑑」より)

「千葉町案内」による検見川神社の由緒

淺間社
場所は黒砂字干場、由緒等は詳らかでないが、社格は村社で木花咲耶比賣の命を祀り、境内には三室神社外三社がある。(「千葉町案内」より)


黒砂浅間神社の周辺図