猫の足あとによる千葉県寺社案内

大草町八幡神社|千葉市若葉区大草町の神社

大草町八幡神社の概要

大草町八幡神社は、千葉市若葉区大草町にある神社です。大草町八幡神社の創建年代等は不詳ながら、文政年間(1818-1831)銘の碑石が残されているといいます、明治維新後の社格制定に際して村社に列格、明治43年地内に鎮座していた雉子宮神社・天神社を合祀しています。

八幡神社
八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 譽田別命、名鳴雉、菅原道真公
相殿 -
境内社 -
住所 千葉市若葉区大草町809
祭日 10月15日
備考 -



大草町八幡神社の由緒

大草町八幡神社の創建年代等は不詳ながら、文政年間(1818-1831)銘の碑石が残されているといいます、明治維新後の社格制定に際して村社に列格、明治43年地内に鎮座していた雉子宮神社・天神社を合祀しています。

「千葉県神社名鑑」による大草町八幡神社の由緒

八幡神社
創立の年代は不詳だが、境内に「文政三年四月」「文政四年十二月」と銘した碑石があり、今より一六〇有余年前に鎮座していたことが明らかである。明治四三年四月二八日雉子宮神社・天神社を本社に合祀した。(「千葉県神社名鑑」より)

「千葉縣千葉郡誌」による大草町八幡神社の由緒

八幡神社
千城村大草字作に鎮座す。譽田別命外二柱の神を祀る。本殿間口一間半奥行二間、拝殿間口二間奥行三間、境内五百三十坪、氏子戸數四十三戸あり。
明治四十三年四月廿八日仝所雉子宮神社天神社を本社に合祀す。(「千葉縣千葉郡誌」より)


大草町八幡神社の周辺図