光明院|千葉市中央区寒川町にある真言宗豊山派寺院

猫の足あとによる千葉県寺社案内

海詠山光明院|千葉寺十善講八十八ヶ所霊場

光明院の概要

真言宗豊山派寺院の光明院は、海詠山神明寺と号します。光明院の創建年代等は不詳ながら、江戸期には寒川神社の別当寺を勤めていました。千葉寺十善講八十八ヶ所霊場87番です。

光明院
光明院の概要
山号 海詠山
院号 光明院
寺号 神明寺
住所 千葉市中央区寒川町1-87
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



光明院の縁起

光明院の創建年代等は不詳ながら、江戸期には寒川神社の別当寺を勤めていました。

「千葉町案内」による光明院の縁起

光明院(寒川仲宿)
寒川仲宿にあり、本尊は不動王、境内には大師堂がある。(「千葉町案内」より)

「社寺よりみた千葉の歴史」による光明院の縁起

光明院(寒川町)
光明院は寒川小学校の西側(寒川仲宿)にあり、真言宗で、海栄(詠)山神明寺光明院と称し、本尊は不動明王、神明宮(寒川神社)の別当寺だそうです。
神明神社、寒川神社両社の棟札でみますと、元文二年(一七三七)、寛延二年(一七四九)、宝暦五年(一七五五)は賢雄法印、文化五年(一八〇八)は祐興法印、明治二十八年(一八九五)は憲教法印が光明院の住職でした。
明治四十一年の寒川の大火に類焼しました。(「社寺よりみた千葉の歴史」より)


光明院の周辺図