鈴身神社|船橋市鈴身町の神社

猫の足あとによる千葉県寺社案内

鈴身神社|船橋市鈴身町の神社

鈴身神社の概要

鈴身神社は、船橋市鈴身町にある神社です。鈴身神社の創建年代等は不詳ながら、隣接する蓮蔵院が元亀3年(1572)の創建と伝えられることから、当社もその同時期か、あるいはそれ以前に祀られていたものと思われます。明治維新後の社格制定に際し村社に列格、明治44年に大六天を合祀したといいます。境内の大師堂は吉橋大師八十八所霊場27番です。

鈴身神社
鈴身神社の概要
社号 鈴身神社
祭神 素戔嗚命
相殿 -
境内社 子安大明神・天満宮・金毘羅宮・駒形神社
住所 千葉県船橋市鈴身町297
祭日 10月29日
備考 -



鈴身神社の由緒

鈴身神社の創建年代等は不詳ながら、字御竹に鎮座、隣接する蓮蔵院が元亀3年(1572)の創建と伝えられることから、当社もその同時期か、あるいはそれ以前に祀られていたものと思われます。明治維新後の社格制定に際し村社に列格、明治44年に大六天を合祀したといいます。

千葉県神社名鑑による鈴身神社の由緒

由緒に関する記載なし(千葉県神社名鑑より)

「船橋市史」による鈴身神社の由緒

(行々林村)
鈴身神社
『県神明細』には由緒不詳とある。同書には明治四十四年に字前田の大六(大六天の誤りか)神社を鈴身神社に合祀したとあるが、大正五年の『豊富村誌』には同大六天社が記載され、現在も旧地にある。その間の事情は未詳である。(「船橋市史」より)

「千葉県千葉郡誌」による鈴身神社の由緒

鈴身神社
豊富村行々林に鎮座す。祭神素戔嗚尊にして本殿三尺四方、拝殿間口三間奥行二間なり。境内百八坪金刀比羅社を合祀す。十月二十三日鎮守祭を行ふ。(「千葉県千葉郡誌」より)


鈴身神社の周辺図