五蓙目阿波須神社|市原市五井の神社

猫の足あとによる千葉県寺社案内

五蓙目阿波須神社|市原市五井の神社

五蓙目阿波須神社の概要

五蓙目阿波須神社は、市原市五井にある神社です。五蓙目阿波須神社は、源頼朝が石橋山の合戦で敗れ房総に逃れた際、治承4年(1180)当所に阿波須権現を勧請したと伝えられ、以後社殿修復・改造が続けられ崇敬されてきたといいます。

阿波須神社
五蓙目阿波須神社の概要
社号 阿波須神社
祭神 天比理刀咩命
相殿 -
境内社 浅間神社
例祭日 10月29日
住所 市原市五井3389
備考 -



五蓙目阿波須神社の由緒

五蓙目阿波須神社は、源頼朝が石橋山の合戦で敗れ房総に逃れた際、治承4年(1180)当所に阿波須権現を勧請したと伝えられ、以後社殿修復・改造が続けられ崇敬されてきたといいます。

「千葉県神社誌」による五蓙目阿波須神社の由緒

治承四年、源頼朝が安房より上総を経て東上の際、同年九月二九日当所に阿波須権現を勧請され、武運長久を祈られたという。時に家僕岡崎某が、石橋山の戦に公を失い追慕の情止み難く陸路より公の行方を追跡したところ、図らずも当所阿波須権現の森林中において会見することが出来たという。宝治元年社殿を改造。以後建武二年~宝暦元年までの四〇〇年間に五度の社殿改造を施され、近年に入っては明治三四年九月二九日改造、現今の社殿は昭和六〇年新修造された。(「千葉県神社誌」より)

「市原郡誌」による五蓙目阿波須神社の由緒

未詳(市原郡教育會編纂「市原郡誌」より)


五蓙目阿波須神社の周辺図


参考資料

  • 「市原市史」
  • 「千葉県神社誌」
  • 「市原郡誌」