猫の足あとによる千葉県寺社案内

自性院|市川市本行徳にある真言宗豊山派寺院

自性院の概要

市川市本行徳にある真言宗豊山派寺院の自性院は、自性院は、法仙法師が天正16年(1588)に開基したといい、江戸期には本行徳八幡神社の別当寺を勤めていました。行徳・浦安観音霊場三十三ヵ所4番札所です。

自性院
自性院の概要
山号 神明山
院号 自性院
寺号 -
本尊 大日如来像
住所 市川市本行徳1-10
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



自性院の縁起

自性院は、法仙法師が天正16年(1588)に開基したといい、江戸期には本行徳八幡神社の別当寺を勤めていました。

境内掲示による自性院の縁起

真言宗豊山派、本尊は大日如来。天正十六年(一五八八年)、法仙法師により開基。
行徳の総鎮守であった神明(豊受)神社の別当寺であった。(境内掲示より)

「市川市内の寺院明細帳」による自性院の縁起

慶長五庚子年創立、宗祖弘法大師分派開祖興教大師法孫法山坊開基(「市川市内の寺院明細帳」より)


自性院の周辺図


参考資料

  • 「市川市内の寺院明細帳」