猫の足あとによる千葉県寺社案内

聖徳寺|柏市高田にある真言宗豊山派寺院

聖徳寺の概要

真言宗豊山派寺院の聖徳寺は、正覺山地蔵院と号します。聖徳寺の創建年代等は不詳ながら、江戸時代は高田熊野神社をはじめ高田地内の諸社の別当を勤めていたといいます。

聖徳寺
聖徳寺の概要
山号 正覺山
院号 地蔵院
寺号 聖徳寺
住所 千葉県柏市高田497
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



聖徳寺の縁起

聖徳寺の創建年代等は不詳ながら、江戸時代は高田熊野神社をはじめ高田地内の諸社の別当を勤めていたといいます。

「柏市史」による聖徳寺の縁起

聖徳寺
高田村宇中上に所在。正覚山地蔵院と号し、江戸時代は鰭ヶ崎村東福寺の末寺であった。本尊は大日如来。寛保元年の「郷差出帳」によれば境内は除地で、除地の熊野権現・香取明神・天神・山王権現・弁才天を支配し、同じく除地の六所明神・月之御前の別当寺であった。(「柏市史」より)


聖徳寺の周辺図

参考資料

  • 「柏市史」