猫の足あとによる千葉県寺社案内

八坂神社(小金)|松戸市小金の神社

八坂神社(小金)の概要

八坂神社(小金)は、松戸市小金にある神社です。八坂神社(小金)の創建年代は不詳ですが、天文年間に小金城主高城氏が交通の要衝地に創建したと推定されています。戦前は村社に列格、昭和四十八年当地に遷座したといいます。

八坂神社
八坂神社の概要
社号 八坂神社
祭神 素盞嗚尊
相殿 -
末社 -
住所 千葉県松戸市小金444
備考 -



八坂神社(小金)の由緒

八坂神社(小金)の創建年代は不詳ですが、天文年間に小金城主高城氏が交通の要衝地に創建したと推定されています。戦前は村社に列格、昭和四十八年当地に遷座したといいます。

「稿本千葉県誌」による八坂神社(小金)の由緒

八坂神社
東葛飾郡(舊東葛飾郡)小金町大字字天王脇に在り、境内三百二十二坪、祭神は素盞嗚尊なり、創建年月詳ならず。社殿の構造頗る壮麗にして周圍に石垣を廻らせり、近郷屈指の名社にして、末社三座あり。(「稿本千葉県誌」より)

境内石碑による八坂神社(小金)の由緒

当社はもと小金天王脇一番地に鎮座し、素盞嗚尊を祀る。由緒は詳にし難く其の創立を傳ふるものを聞かず、思ふに天文の頃小金城主高城氏城下を構ふるや濱街道の要衝のこの地に鎮守神を勧請せられたるものならんか、爾来江戸時代に及んで八坂神社と仰ぎ宿駅日々に盛運を加へ小金牧場奉行綿貫氏の歴代祟敬と相待って神威を洽ねからしめたり。正徳九年社地を増し、次いで一反三畝の平地を除地とし、神社一段五畝を加へ、享保年間氏子二百七十余戸を数ふ。享保二年四月相馬郡酉手村大番匠藤原清次に嘱し、街道に南面し銅瓦葺五反四面の槻造の荘厳な社殿を二間四方の石畳の上に造営し奉る。これ別当清蔵院弘含同本寺大勝院祐運寺の力に俟つものにして更に一丈一尺の神表を造頸し、神域を全く完備せるにより神祇官領卜部兼教より当社に正一位牛頭天王の極位を授けしめられる。明和九年始めて社僧を置き、祭祀は栗ヶ澤香取社友野喜内等奉仕し、祭礼は毎年六月七日より同十五日に営み同月十五日神輿の渡御を仰ぐを常とす。其後宝暦九年九月氏子等神輿を再造せんと志し、進んで浄財を寄せ遠く江戸にも勧化し、金二十一両を以て江戸小伝馬上町大阪屋五兵衛に堂柱法り二尺の荘大華厳なる神輿を奉献す。氏子等ここに町内に上中下の三組に編し、日夜奉仕神饌を供御し以て永く今日に至る。亦社殿も星霜を経るにより修復を加へ文化五年五月銅瓦葺替、更に餝金具を潤飾、金五十八余両を捧げて山田屋久兵衛目出度く六月二十四日荘厳を終る。爾来軽妙荘厳重なる社重なる社殿四隣を歴し、老樹天を摩し、神威日々に洽ねく、崇敬年々に増す。然るに近年地域発展と共に交通上の激甚を加へ神徳大に憂ふべきものあり。
よって氏子等相諮って此の浄地を黙して勝村建設株式会社に委託し、浄財を傾けて新に丹青色濃く奮に倍する神厳なる社殿神輿を頸し、昭和四十八年七月遷宮の式典を挙げ奉り了ぬ。よってここに才の乏しきを顧りみずその縁由を録して後毘に伝ふるものなり。(境内石碑より)


八坂神社(小金)の周辺図


大きな地図で見る