猫の足あとによる千葉県寺社案内

栗山日枝神社|松戸市栗山の神社

栗山日枝神社の概要

栗山日枝神社は、松戸市栗山にある神社です。栗山日枝神社の創建年代等は不詳ながら、山神に報謝するために村民が勧請、「栗山、上・中・下の三矢切では神明神社(上矢切)が一番古く、江戸中期の創建」ということから、江戸時代中期以降の創建ではないかと推定されます。

日枝神社
日枝神社の概要
社号 日枝神社
祭神 大山咋命
相殿 天満天神他一柱
境内社 -
住所 千葉県松戸市栗山297
祭日 -
備考 旧村社



栗山日枝神社の由緒

栗山日枝神社の創建年代等は不詳ながら、山神に報謝するために村民が勧請、「栗山、上・中・下の三矢切では神明神社(上矢切)が一番古く、江戸中期の創建」ということから、江戸時代中期以降の創建ではないかと推定されます。

「千葉県神社名鑑」による栗山日枝神社の由緒

創建年代不詳。往昔、当地は森林深く野山の産物が多かった。村民は山神に奉謝するため山王日吉大神を勧請鎮祭し一社を営む。これが当社の肇であるという。境内は国府台の台上に連なり、江戸川に臨み、「矢切の渡」を眼下にする景勝の地。近時散策を兼ねて参拝するものが多い。(「千葉県神社名鑑」より)

「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」による栗山日枝神社の由緒

松戸町大字栗山佐原下二在リ。大山咋命ヲ祀ル。創立年月不詳、従来栗山区ニハ鎮守トシテ日枝・稲荷・天満ノ三社アリシモ、当社氏子多数ノ故ヲ以テ明治五年村社ニ列セラル。社殿間口ニ間・奥行一間半、境内六十六坪アリ。祭典ハ十月十九日ニシテ神宮ハ千葉健吉氏ナリ。(「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」より)


栗山日枝神社の周辺図