猫の足あとによる千葉県寺社案内

長養寺|松戸市幸田にある曹洞宗寺院

長養寺の概要

曹洞宗寺院の長養寺は、聖胎山と号します。長養寺は、戦国時代に創建、当寺の観音菩薩像は下総三十三ヶ所観音霊場10番札所となっています。

長養寺
長養寺の概要
山号 聖胎山
院号 -
寺号 長養寺
住所 松戸市幸田176
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



長養寺の縁起

長養寺は、戦国時代に創建、当寺の観音菩薩像は下総三十三ヶ所観音霊場10番札所となっています。

「松戸のお寺」による長養寺の縁起

曹洞宗聖胎山長養寺
当山は約450年前に開創された曹洞宗の寺院で、寺号を長養寺といいます。
現在の住職で三十九代目となり、本堂内にお釈迦さま、高祖さま、太祖さま、観音さま、だるまさま、大権さまをお祀りしております。
境内には普門品一万巻、白楽天王宮、聖徳太子の石碑とお稲荷さまを安置しています。このお稲荷さまは、日本三大稲荷のひとつである愛知県の豊川稲荷(妙厳寺)よりそのご分身を頂戴した尊いお稲荷さまです。請願成就のためにご参拝ください。観音さまは下総三十三ヶ所観音霊場の第十番札所になっています。(「松戸のお寺」より)

「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」による長養寺の縁起

長養寺
幸田字前田ニアリ。坪数四百二十九坪、聖代山ト号ス。(代字胎ノ誤)曹洞宗ニシテ名都借広寿寺ノ末寺ナリ。(「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」より)


長養寺の周辺図


参考資料

  • 「松戸のお寺」
  • 「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」