猫の足あとによる千葉県寺社案内

廣照寺|松戸市新作にある真言宗豊山派寺院

廣照寺の概要

真言宗豊山派寺院の廣照寺は、眞隆山と号します。廣照寺の創建年代等は不詳ながら、下総国分寺の末寺として創建、江戸期には安房須神社の別当を勤めていました。下総四郡八十八ヶ所霊場65番です。

廣照寺
廣照寺の概要
山号 眞隆山
院号 -
寺号 廣照寺
住所 松戸市新作1121
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



廣照寺の縁起

廣照寺の創建年代等は不詳ながら、下総国分寺の末寺として創建、江戸期には安房須神社の別当を勤めていました。

「松戸のお寺」による廣照寺の縁起

真言宗豊山派眞隆山廣照寺
当山は、市川にある下総国分寺の末寺として開創されたと伝わります。かつて新作村だったころは、今も新作の竹やぶで知られる、安房須神社の別当寺でもありました。
安政六年(一八五九)~明治二十四年(一八九一)までは、寺子屋としての役割も担っていました。今日も、昔ながらの村の寺といった風情がのこります。
ご本尊は聖観世音菩薩です。当山は坐像のお姿でお祀りしています。境内には、不動明王や六地蔵など、さまざまな石仏もお祀りしています。
七月には七夕まつりも行いますので、願いを結びに、お子さまとご一緒にご来山ください。(「松戸のお寺」より)


廣照寺の周辺図


参考資料

  • 「松戸のお寺」