鰭ケ崎雷神社|流山市鰭ケ崎の神社

猫の足あとによる千葉県寺社案内

鰭ケ崎雷神社|流山市無形民俗文化財の「おびしゃ」

鰭ケ崎雷神社の概要

鰭ケ崎雷神社は、流山市鰭ケ崎にある神社です。鰭ケ崎雷神社の創建年代等は不詳ながら、宝永5年(1708)には社殿が再建され、その後も修繕等維持されてきたといいます。当社で一月第三日曜日に執行される「おびしゃ」神事は流山市無形民俗文化財に指定されています。

鰭ケ崎雷神社
鰭ケ崎雷神社の概要
社号 雷神社
祭神 大雷神
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県流山市鰭ケ崎1767
祭日 10月15日
備考 -



鰭ケ崎雷神社の由緒

鰭ケ崎雷神社の創建年代等は不詳ながら、宝永5年(1708)には社殿が再建され、その後も修繕等維持されてきたといいます。

「千葉県神社名鑑」による鰭ケ崎雷神社の由緒

単立神社のため記載なし(「千葉県神社名鑑」より)

「流山市史・近代資料編」による鰭ケ崎雷神社の由緒

雷神社
鰭ケ崎の里の御氏子に、災禍なく、取り作る五穀を始め、葉の片葉に至るまで、作り作るもの、八束穂の茂穂になし給ひと、恵み給ふ雷神社は、同區の東南、小金町の字横須賀に接したる字中島にありて、大雷神を祀る、創建の年月確然とは知るを得ざれども、今を去る二百〇五年前即ち寶永五年再建し、後猶享和年間に建立せしといふ。社殿は間口五尺、奥行四尺五寸、拝殿間口三間、奥行三間半、境内坪數百三十四坪、官有地第一種なりといふ、境内に六社の大神とて、祭神 伊弉諾命、伊弉冊命、天照大神、素戔嗚命、月讀命、蛭子命を同社に合祀せり、この六社大神を祀りしは、其年月不詳なれども、社殿の再建は弘化年間なりと、其の建物は、同區東福寺境内にありしが、神佛の混淆區別に際し、明治六年中、雷神社に遷し、合祀せしものなりといふ。(「流山市史・近代資料編」より)


鰭ケ崎雷神社所蔵の文化財

  • 鰭ヶ崎おびしゃ行事(流山市指定無形民俗文化財)

鰭ヶ崎おびしゃ行事

「おびしゃ」は、関東地方各地に伝わる正月の行事で、流山市でも地区や神社を単位に行なわれている。
鰭ヶ崎では七軒が当番となり、一月の「おびしゃ」をはじめ、五月、九月にも「おこもり」を行うなど一年間の行事を運営する。当番の筆頭をハナト(初戸)という。
むかしは備神田という共有の水田を当番が耕作し、費用をまかなっていた。
「おびしゃ」は毎年一月第三日曜日に行われる。七軒の当番が七福神(ハナトは大黒様)に、次年の当番が裃姿で神社に集まり、祭礼、引継ぎの儀礼である「トウ渡し」のあと、赤鬼と青鬼の的にむかって矢を放つ。
その後の直会では、お囃子や神楽が奉納される。
夜になると、神社から次年の当番の家まで万灯をかかげ、花でかざった車をひいて、「送り込み」が行われる。(流山市教育委員会掲示より)

鰭ケ崎雷神社の周辺図


参考資料