嶺南寺|佐倉市新町にある曹洞宗寺院

猫の足あとによる千葉県寺社案内

清浄山嶺南寺|佐倉七福神の弁財天

嶺南寺の概要

佐倉市新町にある曹洞宗寺院の嶺南寺は、清浄山と号します。嶺南寺は、松本藩から佐倉へ移封となった堀田加賀守にしたがい、寛永19年(1642年)当地へ移転、陽南良雪大和尚を開山として、堀田加賀守が創建したといいます。佐倉七福神の弁財天です。

嶺南寺
嶺南寺の概要
山号 清浄山
院号 -
寺号 嶺南寺
住所 佐倉市新町188
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



嶺南寺の縁起

嶺南寺は、松本藩から佐倉へ移封となった堀田加賀守にしたがい、寛永19年(1642年)当地へ移転、陽南良雪大和尚を開山として、堀田加賀守が創建したといいます。

佐倉七福神しおりによる嶺南寺の縁起

嶺南寺は、曹洞宗にして寛永19年(1642年)当時信濃松本藩主であった堀田加賀守の佐倉移封と共に松本より佐倉へ移り建立された。「釈迦牟尼佛」を本尊とし、御開山は、陽南良雪大和尚である。堂内に閻魔大王を安置し(毎年8月16日開帳)、また作家吉川英治の母方である山上家の墓があります。(佐倉七福神しおりより)

「印旛郡誌」による嶺南寺の縁起

嶺南寺
新町字仲町北側にあり曹洞宗にして本寺高澤寺末なり釋迦牟尼如来を本尊とす寛永十八年八月五日堀田加賀守創立陽南良雪大和尚開山其他由緒年月不詳堂宇間口六間五分奥行四間五分庫裏間口七間五分奥行四間半境内三百三十八坪(民有地第一種)あり檀徒百九十五人を有し管轄廳まで四里三十町とす境内佛堂一宇あり即
一、閻魔堂。閻魔大王を本尊とす由緒不詳建物間口二間五分奥行き二間なり(寺院明細帳)(「印旛郡誌」より抜粋)


嶺南寺の周辺図