萬福寺|佐倉市吉見にある曹洞宗寺院

猫の足あとによる千葉県寺社案内

萬福寺|佐倉市吉見にある曹洞宗寺院

萬福寺の概要

佐倉市吉見にある曹洞宗寺院の萬福寺は、吉見山と号します。萬福寺は、宝暦8年(1758)に火災により焼失したため詳細は不明ながら、天正4年(1576)に創建したといいます。境内大師堂は、六崎組十善講八十八ヶ所37、44、62、83、89番です。

萬福寺
萬福寺の概要
山号 吉見山
院号 -
寺号 萬福寺
住所 佐倉市吉見510-1
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



萬福寺の縁起

萬福寺は、宝暦8年(1758)に火災により焼失したため詳細は不明ながら、天正4年(1576)に創建したといいます。

「印旛郡誌」による萬福寺の縁起

浄光寺
吉見區字登戸にあり宗徳寺の末寺にして曹洞宗に屬し阿彌陀如来を本尊とす天正四丙子十月創立其後寶暦八戌寅九月堂宇不殘燒亡に付不詳同暦十庚辰三月再建す堂宇間口六間半奥行五間境内四百二十五坪(民有地第一種)あり又庫裏は間口六間半奥行四間半にして總門は八尺四面なり後に高丘を控へ頗る幽邃の地なり檀徒二百六十六人ありて谷俊國を住職とし管轄廳まで三里廿七町十七間あり(寺院明細帳)(「印旛郡誌」より)

「佐倉市史」による萬福寺の縁起

万福寺(吉見)
宗徳寺末であった。本尊阿弥陀如来。天正四年十月。宝暦八年九月堂宇全焼に付詳細は不明。(郡誌)(「佐倉市史」より)


萬福寺の周辺図


参考資料

  • 「印旛郡誌」
  • 「佐倉市史」