江戸五色不動

猫の足あとによる東京都寺社案内

江戸五色不動の案内

江戸五色不動

江戸五色不動は、江戸時代に、江戸市中(御府内)から郊外へ向かう主要街道の実質起点とされる地に安置された不動明王像です。

※江戸五色不動のうち、目黄不動は台東区三ノ輪の永久寺を指すことが多いが、関東三十六不動では目黄不動に江戸川区平井の最勝寺を指していることから追記しています。