但心寺。福島県会津若松市馬場本町にある真宗大谷派寺院

猫の足あとによる首都圏外寺社案内

慈眼山但心寺。昭和55年本堂を再建

但心寺の概要

真宗大谷派寺院の但心寺は、慈眼山と号します。但心寺は、行春上人が延宝2年(1674)に創建、戊辰戦争により焼失し、長らく仮堂で営んできたものの昭和55年本堂を再建したといいます。

但心寺
但心寺の概要
山号 慈眼山
院号 -
寺号 但心寺
住所 会津若松市馬場本町4-10
宗派 真宗大谷派
葬儀・墓地 -
備考 -



但心寺の縁起

但心寺は、行春上人が延宝2年(1674)に創建、戊辰戦争により焼失し、長らく仮堂で営んできたものの昭和55年本堂を再建したといいます。

境内掲示による但心寺の縁起

本堂建立について
宗祖親鸞聖人
宗旨真宗大谷派
本山(東)本願寺
開山行春上人 延寶二年三月
明治戊辰之役の兵變に罹りその後仮本堂として現在に至る。今般門信徒の宿願により建立するものである
昭和五十五年四月一日(上棟式)
宗教法人 慈眼山但心寺(境内掲示より)

「若松市史」による但心寺の縁起

但心寺
馬場名子屋町にあり。本山は京都東本願寺延寶二年三月僧行春の開山とす。戊辰の兵變後再建せず。(「若松市史」より)


いいお墓

但心寺の周辺図


参考資料

  • 「若松市史」