猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

乃木神社|港区赤坂の神社

乃木神社の概要

乃木神社は、港区赤坂にある神社です。乃木神社は、日清戦争や日露戦争で活躍した陸軍大将乃木希典が明治天皇に殉じて自決、明治神宮が鎮座した後の大正12年乃木邸に創建、大正13年に府社に列格したといいます。

乃木神社
乃木神社の概要
社号 乃木神社
祭神 乃木希典命、乃木静子命
相殿 -
境内社 正松神社、赤坂王子稲荷神社
住所 港区赤坂8-11-27
備考 旧府社



乃木神社の由緒

乃木神社は、日清戦争や日露戦争で活躍した陸軍大将乃木希典が明治天皇に殉じて自決、明治神宮が鎮座した後の大正12年乃木邸に創建、大正13年に府社に列格したといいます。境内には恩師玉木文之進正韞命・吉田松陰命を祀った正松神社、王子稲荷神社より勧請した赤坂王子稲荷神社が鎮座しています。

東京都神社名鑑による乃木神社の由緒

摂社正松神社、末社赤坂王子稲荷神社、(境外)乃木神社函館分社
大正元年九月十三日、明治天皇崩御に殉じて乃木大将夫妻は自刃。この忠節に深く感銘した国民はその徳を慕い、乃木邸を訪づれその数は日に日に増していった。そこで翌大正二年男爵阪谷芳郎らが、広く国民有志を結集して中央乃木会を結成、乃木邸に祭神を鎮祭し祭儀を執行。また青年への研修などを行なって乃木精神の宣揚につとめた。大正五年立太子礼にあたり、皇室より正二位の追贈を受け、同八年神社創建が許可され、明治神宮の鎮座を期し御造営の事業が起こされた。大正十二年十一月一日鎮座祭を執行。(東京都神社名鑑より)


乃木神社の周辺図