猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

大松寺|港区三田にある浄土宗寺院

大松寺の概要

浄土宗寺院の大松寺は、黄鵠山満宗院と号します。大松寺は、曾根良次が開基、僧良阿が開山となり、慶長16年(1611)八丁堀に創建、寛永12年(1635)当地へ移転したといいます。

大松寺
大松寺の概要
山号 黄鵠山
院号 満宗院
寺号 大松寺
住所 港区三田4-1-38
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



大松寺の縁起

大松寺は、曾根良次が開基、僧良阿が開山となり、慶長16年(1611)八丁堀に創建、寛永12年(1635)当地へ移転したといいます。

「芝區誌」による大松寺の縁起

大松寺 三田北寺町六番地
増上寺末派の浄土宗、黄鵠山満宗院と號する。慶長十六年今の京橋八丁堀邊に創建し、寛永十二年此地に移つた。曾根良次を開基とし、僧良阿を開山とする。境内の地蔵堂に祀つてある蛇形開運辨天像は、江戸堅田地蔵千體中の一つであるといはれてゐる。(「芝區誌」より)


大松寺の周辺図