猫の足あとによる港区・東京都・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる東京都寺社案内

浄運院|港区芝公園にある浄土宗寺院

浄運院の概要

浄土宗寺院の浄運院は、増上寺の子院で、起立年代等は不詳ながら、文化3年(1806)、文政2年(1819)と罹災してしまったといい、かつては上杉弾正大弼、上杉駿河守、真田弾正大弼、内藤主殿頭の宿坊だったといいます。

浄運院
浄運院の概要
山号 -
院号 浄運院
寺号 -
住所 港区芝公園2-3-5
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



浄運院の縁起

浄運院は、増上寺の子院で、起立年代等は不詳ながら、文化3年(1806)、文政2年(1819)と罹災してしまったといい、かつては上杉弾正大弼、上杉駿河守、真田弾正大弼、内藤主殿頭の宿坊だったといいます。

「芝區誌」による浄運院の縁起

浄運院 芝公園第十一號地二番
「文化三年焼亡の後、文政二年四月十七日夜、隣院失火のために延焼の災に罹りしことあり。」と「東京名所圖會」に記されている。(「芝區誌」より)

「東京名所図会」による浄運院の縁起

浄運院
文化三年焼亡の後ち。文政二年四月十七日。隣院失火の為めに延焼の災に罹りしことあり。又當院には萬残佐文山等の墓碑あり。
宿坊。
上杉弾正大弼、上杉駿河守、真田弾正大弼、内藤主殿頭(「東京名所図会」より)


いいお墓

参考資料
  • 「芝區誌」