猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

栄閑院|港区虎ノ門にある浄土宗寺院、杉田玄白墓

栄閑院の概要

浄土宗寺院の栄閑院は、久遠山と号します。栄閑院は、久蓮社俊誉園應和尚(寛永2年寂)が、天徳寺の塔頭として創建しました。

栄閑院
栄閑院の概要
山号 久遠山
院号 栄閑院
寺号 -
住所 港区虎ノ門3-10-10
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来像
葬儀・墓地 -
備考 杉田玄白墓



栄閑院の縁起

栄閑院は、久蓮社俊誉園應和尚(寛永2年寂)が、天徳寺の塔頭として創建しました。

御府内寺社備考による栄閑院の縁起

開祖久蓮社俊誉園應和尚寛永2年6月3日寂事蹟不相知。
佛殿東西8間南北5間。本尊阿弥陀如来木立像、長2尺9寸5分恵心僧都作。(御府内寺社備考天徳寺項より)

「芝區誌」による栄閑院の縁起

榮閑院 西久保巴町九十八番地
通稱猿寺とも云ひ、俗應和尚を開山とする。嘉永三年類焼し、同四年再建したが、それも大正十二年大震火災に炎上し、假建築のまま現在に至る。(「芝區誌」より)


栄閑院所蔵の文化財

  • 杉田玄白墓(港区指定文化財)

杉田玄白墓

杉田玄白(1733-1817)は江戸中期の蘭医杉田甫仙の子、名は翼、字は子鳳、号は鵜斎、九幸翁など。江戸に生まれ、西玄哲に外科、西幸作にオランダ外科を学んだ。前野良沢、桂川甫周らとオランダ語解剖書を翻訳した「解体新書」は日本医学史上画期的な文献である。文化12年(1815)に脱稿した「蘭学事始」は「解体新書」翻訳の苦心談を回想した点で有名である。このほか「形影夜話」「野叟独語」などの著書がある。(港区教育委員会)


栄閑院の周辺図