猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内 猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

石神井台氷川神社|練馬区石神井台の神社、石神井郷総鎮守、旧郷社

石神井台氷川神社の概要

石神井台氷川神社は、練馬区石神井台にある氷川神社です。石神井台氷川神社は、応永年間(1394-1428)豊島氏が武蔵国一ノ宮の氷川神社を石神井城内に勧請して創建されました。豊島氏没落後は、当地に遷座し石神井郷(谷原、田中、上石神井、下石神井、関の5ヶ村)総鎮守として、明治7年には郷社として崇敬を集めています。

石神井台氷川神社
石神井台氷川神社の概要
社号 氷川神社
祭神 須佐之男命
相殿 稲田姫命、大己貴命
境内社 榛名神社、浅間神社、御嶽神社、亜夫利神社、三峯神社、八幡神社、三島神社、須賀神社、稲荷神社、北野神社
住所 練馬区石神井台1-18-24
備考 石神井郷総鎮守、郷社



石神井台氷川神社の由緒

氷川神社は、応永年間(1394-1428)豊島氏が武蔵国一ノ宮の氷川神社を石神井城内に勧請して創建されました。豊島氏没落後は、当地に遷座し石神井郷(谷原、田中、上石神井、下石神井、関の5ヶ村)総鎮守として、明治7年には郷社として崇敬を集めました。

「練馬の神社」による石神井台氷川神社の由緒

「新編武蔵風土記稿」上石神井村の項に「氷川社 上下石神井関田中谷原五ヶ村ノ鎮守ナリ。例祭9月20日。三宝寺ノ持。末社、天神、弁天、天王、第六天、稲荷」とある。「北豊島郡神社誌」には「由緒、往昔豊島氏が当国ノ一ノ宮、石神井台氷川神社ノ御分霊ヲ守護神トシテ場内に鎮斎セシヲ同氏没落後土着ノ住民之ヲ鎮守ト仰ギ尊崇セシモノナルベシ。当社創立ノ際ハ城中ノ何処ニカ鎮座セシヲ、豊島氏没落後現在ノ位置ニ遷シ、石神井郷総鎮守トシテ...石神井郷ハ谷原、田中、上石神井、下石神井、関ノ五ヶ村。維新ノ際、当社ハ大字上石神井下石神井ノ鎮守ト定ムルニ至レリ。明治5年11月村社ニ被定、同7年4月郷社ニ列セラル」と記されている。創建は応永年間(1394-1428)とされる(東京府志料)。(以下省略)(「練馬の神社」より)


石神井台氷川神社所蔵の文化財

  • 豊島氏奉納の石燈籠(練馬区指定文化財)
  • 石神井台氷川神社の水盤(練馬区登録文化財)

石神井台氷川神社の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 「練馬の神社」(練馬区教育委員会)



経営革新等支援期間

梅本会計事務所

会社設立・起業サポートセンター