猫の足あとによる世田谷区の寺院、神社など世田谷区の寺社案内 猫の足あとによる世田谷区の寺院、神社など世田谷区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

豪徳寺|世田谷区豪徳寺にあ曹洞宗寺院、彦根藩井伊家の菩提寺、招き猫

豪徳寺の概要

曹洞宗寺院の豪徳寺は、大谿山と号します。世田谷城主吉良政忠が、文明12年(1480)に亡くなった伯母の菩提のために臨済宗弘徳院として創建したと伝えられます。高輪泉岳寺初世の門奄宗関が中興開山、寛永10年(1633)世田谷領が彦根藩領となり、当寺が井伊家の江戸における菩提寺となったことから、寺号を藩主井伊直孝の法号昌院殿豪徳天英大居士より豪徳寺と改号しました。井伊家墓所は国指定史跡となっている他、梵鐘・仏殿・仏像など数多くの文化財を所蔵しています。井伊直孝は飼い猫によって当寺へ招き入れたという招き猫の伝説があり、この飼い猫は松福庵(招福庵)に祀られ、数多くの参詣者があります。東京三十三観音霊場11番札所です。

豪徳寺
豪徳寺の概要
山号 大谿山
院号 -
寺号 豪徳寺
住所 世田谷区豪徳寺2-24-7
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 檀家の方のみ
備考 彦根藩井伊家墓所、東京三十三観音霊場11番札所


※御朱印画像はいけみずさんよりの寄贈


豪徳寺の縁起

豪徳寺は、世田谷城主吉良政忠が、文明12年(1480)に亡くなった伯母の菩提のために臨済宗弘徳院として創建したと伝えられます。高輪泉岳寺初世の門奄宗関が曹洞宗に改め、天正12年(1584)中興開山しました。寛永10年(1633)世田谷領が彦根藩領となり、当寺が井伊家の江戸における菩提寺となったことから、寺号を藩主井伊直孝の法号昌院殿豪徳天英大居士より豪徳寺と改号しました。

せたがや社寺と史跡による豪徳寺の縁起

豪徳寺は世田谷城跡の西側岡都続きにあり、もと世田谷吉良氏の館に接していた。芝高輪の泉岳寺の末寺で大谿山洞春院と号している。寺伝によれは今から500年前は世田谷城内の小庵で弘徳院といい、文明12年(1480)吉良政忠が伯母のために建てたもので、その法号にちなんで弘徳院と名づけたといわれている。開山は、臨済僧馬堂昌誉といわれ、その後天正12年(1584)門庵が住職となって曹洞宗に改めたが、当時は本能寺の変の直後・戦国時代であったため寺は表徴した。
三世雪岑和尚の時、井伊直孝が大檀那となって、殿舎堂閣の新設や修復を行ない、直孝がここに葬られてから、その法号「久昌院殿豪徳天英大居士」にもとずいて豪徳寺と寺号を改め、井伊家の菩提寺として現在に至っている。昭和42年7月鉄筋コンクリート造りの本堂に改築した。
境内には、桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓や、その忠臣遠城謙道の基もある。また、井伊家から謙道に贈られた直弼遺愛の茶屋も遺されていて、東京3大茶屋の一つに数えられている(今のは再建したもの)。
豪徳寺境内とその周辺は、江戸時代「豪徳寺十景」として有名であった。
また「招き猫」の伝説があって、江戸時代から招福を願う花柳界の人たちの参拝が多い。
現在も門前の店で招き猫を売っている。(せたがや社寺と史跡より)

世田谷区教育委員会掲示による豪徳寺の縁起

豪徳寺は、世田谷城主吉良政忠が、文明十二年(一四八〇)に亡くなった伯母の菩提のために建立したと伝える弘徳院を前身とする。天正十二年(一五八四)中興開山門奄宗関(高輪泉岳寺の開山)の時、臨済宗から曹洞宗に改宗した。
寛永十年(一六三三)彦根藩世田谷領の成立後、井伊家の菩提寺に取り立てられ、藩主直孝の法号により豪徳寺と改称した。直孝の娘掃雲院は多くの堂舎を建立、寄進し、豪徳寺を井伊家の菩提寺に相応しい寺観に改めた。仏殿とその三世仏像、達磨・大権修埋菩薩像、及び石灯籠二基、梵鐘が当時のままに現在に伝えられている。
境内には、直孝を初め井伊家代々の墓所があり、井伊直弼の墓は都史跡に指定されている。ほかに直弼の墓守として一生を終えた遠城謙道、近代三大書家の随一日下部鳴鶴(いずれも旧彦根藩士)の墓、桜田殉難八士之碑がある。また同寺の草創を物語る、洞春院(吉良政忠)と弘徳院の宝靡印塔が残されている。(世田谷区教育委員会掲示より)


豪徳寺所蔵の文化財

  • 彦根藩主井伊家墓所(国指定史跡)
  • 豪徳寺の梵鐘
  • 豪徳寺仏殿附棟札一枚・石燈籠二基
  • 豪徳寺仏殿像5体

彦根藩主井伊家墓所(国指定史跡)

井伊家は、遠江国井伊谷を中心に勢力を持った武上で、戦国期には今川氏の配下にあった。井伊家二十四世とされる直政は天正三年(一五七五)、十五歳で徳川家康に仕え、慶長五年(一六〇〇)の関ヶ原合戦においては、自ら先鋒を務め東軍の勝利に貢献した。合戦後、直政は近江国などに十八万石を与えられ、初代藩主として彦根藩の礎を築いた。続く二代直孝も大坂夏の陣で功績をあげ、近江国、下野国、武蔵国世田谷にあわせて三十万石を有する譜代大名の筆頭格となった。以後、幕末までこの家格は堅持され、藩主は江戸城溜間に控えて将軍に近侍し、時には大老職に就き幕府政治に参与した。 寛永十年(一六三三)頃、世田谷が井伊家所領となったのを機に、領内の弘徳院が普提寺に取り立てられた。直孝の没後には、その法号「久昌院殿豪徳天英大居士」にちなみ豪徳寺と寺号を改め、以後、井伊家墓所として、江戸で亡くなった藩主や家族がここに葬られた。 墓所の北西角には、豪徳寺中興開基の直孝墓が位置し、そこから南西に直進したところに幕末の大老、十三代直弼(宗観院殿)墓がある。直弼墓に至る参道沿いには、藩主や藩主正室らの墓石が整然と並び、豪徳寺の伽藍造営に貢献した亀姫(掃雲院般・直孝長女)墓がその中央西側に位置している。 墓所内で最も古い墓は、直時(広度院殿・直孝四男)のもので、万治元年(一六五八)に建てられた。直孝が没したのは万冶二年で、どちらの墓石も唐破風笠付位牌型で造られている。以降、豪徳寺に所在する藩主、正室、世子、側室の墓石は、いずれもこの形式で建造された。 また、幕所の北側の一角には、早世した井伊家子息子女らの墓石に混じって、江戸で亡くなった藩士とその家族の墓石も据えられている。これらを合わせると、墓所に所在する墓石の総数は三百基余になる。 彦根藩主井伊家墓所は、豪徳寺、清涼寺(滋賀県彦根市)、永源寺(滋賀県東近江市)の三ケ寺にあり、歴代藩主とその一族の墓が網羅される。各墓所は、将軍家側近でもあった井伊家の姿を物語り、江戸時代の幕藩体制と大名文化を考える上で欠くことのできない貴重な通産であるため、一括で「彦根藩主井伊家墓所」として、平成二十年三月二十八日、国史跡に指定された。(世田谷区教育委員会掲示より)

豪徳寺の梵鐘

本梵鐘は、延宝7年に完成の後、今日まで移動なく当寺に伝えられてきた。
形姿は、比較的細身で均整のとれた優美な姿を呈し、吊手の龍頭は力強くメリハリのきいた雄渾な造形で、細部の表現も精巧な出来栄えである。撞座の意匠も独創的であり、工芸的に優れた完成度の高い梵鐘といえる。
制作者の藤原正次は、別に釜屋六右衛門とも名乗り、当時江戸で名のあった鋳物師である。また世田谷代官大場市之丞吉寛が幹事となっている。
本梵鐘は、この時代の梵鐘の一典型として、さらには、著名な鋳物師の力量を窺う作品として、美術工芸的に貴重である。また、区内に伝わる梵鐘としては現存最古であり、世田谷に縁ある人物がその制作にかかわるなど、近世世田谷の歴史を知るうえでも貴重な遺品である。(世田谷区教育委員会掲示より)

豪徳寺仏殿附棟札一枚・石燈籠二基

豪徳寺仏殿は、寛文から延宝年間にかけて行われた大造営事業の中心的建造物である。この事業を進めたのは、井伊直孝の妻春光院とその娘掃雲院のふたりである。
仏殿は、掃雲院が藩主直澄の菩提を弔うために延宝4年(1676)、建設に着手し、翌延宝5年(1677)に完成した。豪徳寺四世天極秀道の代で工匠星野市h犠打利衛門尉積則らが造営に当った。
当時流行した黄檗様式の影響が随所に見られるとともに絵様肘木など特異な様式が使われており、建築史学上、また技術的にも価値の高いものである。(世田谷区教育委員会掲示より)

豪徳寺仏殿像5体

木造大権修利菩薩椅像、総高101cm
木造弥勒菩薩坐像、総高80cm
木造釈迦如来坐像、総高72cm
木造阿弥陀如来坐像、総高72cm
木造達磨大師坐像、総高64.8cm
木像五体は、仏殿に右記の順に安置されている。胎内銘札によると、延宝5年(1677)井伊直孝の娘掃雲院が、父の菩提を弔うために、「洛陽仏工祥雲」に五体一具として造らせたものであることがわかる。
祥雲は黄檗宗の鉄眼の弟子で、のちに本所五百羅漢寺(現目黒区五百羅漢寺)の五百羅漢像を彫像した松雲元慶(1648-1710)のことである。
当時仏殿建立を初め豪徳寺の復興に努めていた掃雲院は、鉄眼ら黄檗僧に深く帰依し、その影響を受けていた。このような関係から仏殿造立に当って、祥雲が推挙されたものと考えられる。
本像は、江戸時代の代表的な仏師祥雲の早期の作例として、また黄檗風仏像彫刻の数少ない遺例として貴重である。(世田谷区教育委員会掲示より)

豪徳寺の周辺図


大きな地図で見る