猫の足あとによる渋谷区の寺院、神社など渋谷区の寺社案内 猫の足あとによる渋谷区の寺院、神社など渋谷区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

渋谷山東福寺|渋谷区渋谷にある天台宗寺院

東福寺の概要

天台宗寺院の東福寺は、渋谷山と号します。源義家が金王八幡宮と共に当寺を創建したと伝えられます。僧円鎮(養和元年1181年)が開山となり、親王院と称していましたが、建仁2年(1202)当地の地頭渋谷高重が帰依したことから、渋谷山常照院円證寺と改めました。、東京三十三観音霊場8番札所です。

東福寺
東福寺の概要
山号 渋谷山
院号 -
寺号 東福寺
住所 渋谷区渋谷3-5-8
本尊 阿弥陀如来像
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 東京三十三観音霊場8番札所



東福寺の縁起

東福寺は、源義家が金王八幡宮と共に当寺を創建したと伝えられます。僧円鎮(養和元年1181年)が開山となり、親王院と称していましたが、建仁2年(1202)当地の地頭渋谷高重が帰依したことから、渋谷山常照院円證寺と改めました。

金王八幡宮)別当東福寺
天台宗江戸山王城琳寺末、開山僧円鎮、養和元年閏2月7日寂す。当時は源義家堂社造立のとき、共に建立ありて則親王院と名付しか、建久2年鶴岡八幡社再興の時、当社も修理を加へられ鶴谷山と名付く。其後建仁2年円證と云僧住せしか、渋谷高重此僧を帰依し、伽藍を造立し、渋谷山円證寺と号し、院を常照と改む。本尊弥陀は慈覚大師の作。長3尺2寸なり。此像は開山円鎮旅僧より伝授す。鎮其報として地蔵像を贈る。彼僧欣然として携去て行方を知らず、鎮其忽行方を失ふを怪て是を尋るに、金王丸影堂中に彼贈りし地蔵の像あり。是金王丸の仮に旅僧に現して授けしに疑なしとて、益信仰浅からす。終に彼弥陀を本尊と崇め八幡の本地佛とす。
寺寶
正観音像一体。長3尺、立像なり。金王丸守護佛なりと云。矢拾観音と号す。
十一面観音像一体。長5寸立像なり。義家より基家に与へしものと云傳ふ。矢拾観音と号す。
子安薬師像一体。長1寸5分。龍宮より出現せしものと云。常盤午前より頼朝に傳へ、又土佐昌俊に授けられ、昌俊鞍馬山に納めして、渋谷高重これを得て当寺に納めしと云。
鉤匙一本。六孫王経基の遺物と云傳ふ。鐵にて作り、瓢箪の象眼あり。
金王丸像一体。自刻して母に送りしと云もの是なり。少年の姿にして鎧を着せし像なり。
太刀一振。秩父十郎基家が佩刀なり。獅子丸を号す。基家戦陣に獅子の勢あり。因て佩刀をかく義家名付し由云傳ふ。無銘、長2尺7寸余。
長刀一振。金王丸の旧物なり。毒蛇の長刀と号す。長2尺8寸。中心2尺4寸5分程。柄長4尺余あり。金王丸猛勇にて此鋒先に向ふ人皆死するをもて、毒蛇の名を得たりと云ふ。
月輪旗一流。長5尺余、幅1尺5寸許。月輪は円経7寸程にて黒色なり。此旗は縁起に載る神体を模せしものと云ふ。
門前町屋。間口30間半、歩数274坪5合。延享3年より町奉行支配となる。(新編武蔵風土記稿より)


東福寺所蔵の文化財

  • 東福寺の梵鐘(渋谷区指定有形文化財)
  • 木造薬師如来坐像(渋谷区指定有形文化財)
  • 銅造菩薩立像(渋谷区指定有形文化財)

東福寺の梵鐘

宝永元年(1704)の銘があるこの梵鐘の周りには、金王八幡宮の縁起など渋谷の歴史が刻まれています。
その一部に「後冷泉帝のとき、 渋谷の旧号谷盛の庄は親王院の地にして七郷に分る。
渋谷郷はその一なり」とあることから、渋谷の地を谷盛の庄とも呼んでいたこと がわかります。

木造薬師如来坐像

左手に薬壺を載せた薬師如来坐像です。針葉樹材を用いた寄木造で、平安時代後期に流行した定朝様の作風を示しています。角張った顔立ちや身体の表現にはやや硬いところがありますので、鎌倉時代初期の作例と考えられます。

銅造菩薩立像

お姿から善光寺式阿弥陀如来像の脇侍像にあたると考えられます。端正な顔立ちからは、鎌倉時代後期の表現を窺うことができます。銅製で頭から足先までが一体のように見えますが、火を被ったあとのある頭部とその痕跡がない体部は別々に造られたと思われます。

東福寺の周辺図