猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内 猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

青雲稲荷神社|品川区東大井の神社

青雲稲荷神社の概要

青雲稲荷神社は、品川区東大井にある稲荷神社です。青雲稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、泊船寺境内に祀られていたといいます。後に当地へ遷座、大井七稲荷の一つだといいます。

青雲稲荷神社
青雲稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 宇迦之売命
相殿 -
境内社 -
住所 品川区東大井1-2-9
備考 -



青雲稲荷神社の由緒

青雲稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、泊船寺境内に祀られていたといいます。後に当地へ遷座、大井七稲荷の一つだといいます。

東京都神社名鑑による青雲稲荷神社の由緒

本神社は、また青雲稲荷と称されている。もと泊船寺境内堂後の山上にお祀りしてあったが、後世現在のところに移し奉った。大正二年境内整備記念に再建した石燈籠の表面に、「正徳三発巳(一七一三)」と刻してあるのによっても、歴史の古いものであることが推察される。(東京都神社名鑑より)

「大井町史」による青雲稲荷神社の由緒

瑞林稲荷神社
瑞林稲荷神社は、林附百九十五番地に在る、無格社で、宇迦之御魂命を祭る。元泊船寺境外堂後の山上にありしを此地に移したものである。寛政十一年八月泊船寺の書上には拝殿等無之祠處不詳とあり、この社も亦舊記にある大井村七稲荷の一である。祭日は二月初午の日である。(「大井町史」より)

新編武蔵風土記稿による青雲稲荷神社の由緒

(大井村泊船寺項)稲荷社
二間四方の社なり前に木の鳥居を建、正一位青雲老稲荷大明神と扁す(新編武蔵風土記稿より)


青雲稲荷神社の周辺図




安産・七五三祈願

天祖・諏訪神社