猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内 猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

南品川諏訪神社|品川区南品川の神社

南品川諏訪神社の概要

南品川諏訪神社は、品川区南品川にある諏訪神社です。南品川諏訪神社は、天妙国寺の開基天目が自身の生国信州の諏訪神社を勧請して、弘安年中に創建されたといわれております。

南品川諏訪神社
南品川諏訪神社の概要
社号 諏訪神社
祭神 建御名方命
相殿 -
境内社 茶の木稲荷神社
住所 品川区南品川2-7-7
備考 -



南品川諏訪神社の由緒

南品川諏訪神社は、天妙国寺の開基天目が自身の生国信州の南品川諏訪神社を勧請して、弘安年中(1278-1287)に創建したといいます。

「品川区の文化財」による南品川諏訪神社の由緒

天妙国寺の伝によると、開基天目は信州の生まれで、寺を建立した後に、本国の名社諏訪社を勧請して境内の鎮守とした。当時は海岸の州崎に建っていたので州の宮と称していた。その旧跡は今は海の中になってしまった。その後永享の頃社を境内に引いて再造した。同8年7月郡司二階堂沙弥正三は神田を寄附して祭事祭社を勧行させたのである。当時の社地は境内古図によるところで、今の処へ移したのはその後の事で、神体は衣冠の坐像である。妙国寺には享保15年25世日凰の写した縁起が所蔵されている。(「品川区の文化財」より)

東京都神社名鑑による南品川諏訪神社の由緒

諏訪神社
諏訪神社は妙国寺の南にあり、当寺を開山せる天日上人は信州の生まれで、郷里の大社諏訪明神を勧請したもので、当初は海岸の洲崎に建っていたので洲の宮といわれていた。永享のころ(一四二九-四一)、社を現境内に引いて再建した。同八年(一四三六)七月、郡司二階沙瀰正三は神田二段を寄進し祭事を勤行させた。(東京都神社名鑑より)


南品川諏訪神社の周辺図




安産・七五三祈願

天祖・諏訪神社