猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内 猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

本照寺|品川区北品川にある日蓮宗系単立寺院

本照寺の概要

日蓮宗寺院の本照寺は、東光山と号します。本照寺は、古くは真言宗寺院で東福山と号していましたが、天文17年(1548)に日純上人が日蓮宗に改め、東光山と改号したといいます。

本照寺
本照寺の概要
山号 東光山
院号 -
寺号 本照寺
住所 品川区北品川2-20-25
本尊 -
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 品川中央霊園
備考 -



本照寺の縁起

本照寺は、古くは真言宗寺院で東福山と号していましたが、天文17年(1548)に日純上人が日蓮宗に改め、東光山と改号したといいます。

「品川区の文化財」による本照寺の縁起

古くは真言宗であったが、天文年中時の住持と、池上本門寺九世東眼院日純上人と法論をし、真言側が破れて改宗し、日純が開山となる。時の住持の名は不詳である。(「品川区の文化財」より)

新編武蔵風土記稿による本照寺の縁起

(北品川宿)本照寺
除地三段七畝十五歩、光厳寺の東隣なり、法華宗池上本門寺末、東光山と號す、古は真言宗にて東福山と號せしが、天文十七年本山八世東照院日純開山として改宗す、日純は同十九年三月二十一日寂す、本堂六間に五間本尊三寶外に鬼子母神を置、又日蓮自作の木像あり、裏に弘安二年十月日蓮と彫る、境内に建武五年戊寅七月逆修と彫る古碑あり。
稲荷社。本堂の左にあり。(新編武蔵風土記稿より)


本照寺の周辺図


大きな地図で見る