猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内 猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

永心寺|新宿区須賀町にある曹洞宗寺院

永心寺の概要

曹洞宗寺院の永心寺は、蟠龍山と号します。永心寺は、慶長9年(1604)麹町清水谷に創建、江戸城外堀建造に伴い寛永11年(1634)当地へ移転したといいます。松平越後守の奥女中おいちゃ(法名長壽院安窓永心大姉)が中興開基したといいます。

永心寺
永心寺の概要
山号 蟠龍山
院号 -
寺号 永心寺
住所 新宿区須賀町11
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



永心寺の縁起

永心寺は、慶長9年(1604)麹町清水谷に創建、江戸城外堀建造に伴い寛永11年(1634)当地へ移転したといいます。松平越後守の奥女中おいちゃ(法名長壽院安窓永心大姉)が中興開基したといいます。

「四谷區史」による永心寺の縁起

蟠龍山永心寺は四谷鹽町三丁目龍昌寺末の曹洞宗で、所在は南寺町である。境内拝領地八百六拾坪、外に隣寺松嚴寺共同の預り地百拾貮坪餘があつた。慶長中麹町清水谷に起立し、寛永十一年甲戌十二月此地に移つた。開山明巌舜洞和尚は寛永十二年乙亥七月十九日に寂した。開基はおいちやと云つた松平越後守奥女中で、法名長壽院安窓永心大姉、延寶七年己未六月八日死去した、「中興開基と被存候」と書上に見える。(「四谷區史」より)

「四谷南寺町界隈」による永心寺の縁起

曹洞宗、蟠龍山と号す。四谷塩町三丁目龍昌寺の末寺。
慶長9年、麹町清水谷に起立したが、此の辺の寺々と同じく、元地が収用されたので寛永11年甲戌12月5日現地に移った。
開山、明巌舜洞和尚は、翌12年乙亥閏7月19日寂した。中興は松平越後守の奥女中でおいちゃと言った人である。法名は長寿院安窓永心大姉、延宝7年(1679)己未6月8日歿した。(四谷南寺町界隈より)


永心寺の周辺図