猫の足あとによる墨田区・東京都・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる東京都寺社案内

立花白髭神社|墨田区立花の神社、葛西川の白髭神社

立花白髭神社の概要

立花白髭神社は、墨田区立花にある白鬚神社です。立花白髭神社は、葛西川村の鎮守社として天和2年(1682)に創建したといい、葛西川の白髭神社と呼ばれています。

立花白髭神社拝殿
立花白髭神社の概要
社号 白髭神社
祭神 猿田彦命
相殿 -
境内社 伏見稲荷社、三峰社、水神社
住所 墨田区立花6-19-17
祭日 -
備考 旧葛西川村鎮守、葛西川の白髭神社



立花白髭神社の由緒

立花白髭神社は、葛西川村の鎮守社として天和2年(1682)に創建したといい、葛西川の白髭神社と呼ばれています。

新編武蔵風土記稿による立花白髭神社の由緒

白髭社
村の鎮守とす。東漸寺持。(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による立花白髭神社の由緒

古来より葛飾郡葛西川の鎮守である。『葛西誌』によると霊元天皇の御代天和二年(一六八二)徳川綱吉の時代、当時の庄屋鹿倉吉兵衛、関口一郎治の両氏が、幕府の許しを受けて現在地の中川のほとりに社地を定め、里人を導いてこの神社を勧進した。現在の本殿は大正十二年に造営されたものである。(東京都神社名鑑より)

「墨田区史」による立花白髭神社の由緒

旧葛西川村の鎮守で、天和二年(一六八二)に起立したとされるが、文安元年(一四四四)起立という伝えもあり、はっきりしない。祭神は猿田彦命で、俗に葛西川の白髭神社と呼ばれていた。
境内には、元禄四年(一六九一)銘の庚申供養塔があり、境内社として三峯神社・水神社がある。(「墨田区史」より)

すみだの史跡文化財めぐりによる立花白髭神社の由緒

旧葛西村の鎮守として、天和2年(1682)に創建したといわれていますが、文安元年(1444)創建という伝えもあってはっきりしません。
祭神は猿田彦命で、俗に葛西川の白髭神社と呼ばれていました。(すみだの史跡文化財めぐりより)


立花白髭神社所蔵の文化財

  • 安永9年銘石造鳥居(墨田区登録文化財)
  • 元禄4年銘庚申塔

立花白髭神社の周辺図

古地図で見る立花白髭神社

アプリ大江戸今昔めぐりのダウンロードは下記よりどうぞ

大江戸今昔めぐりダウンロードページURLのQRコード
参考資料
  • 東京都神社名鑑
  • 新編武蔵風土記稿