猫の足あとによる台東区の寺院、神社など台東区の寺社案内 猫の足あとによる台東区の寺院、神社など台東区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

養蓮寺|台東区東上野にある浄土真宗本願寺派寺院

養蓮寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の養蓮寺は、開祖恵伯が三河から江戸に出府し、正保年間(1645-1648)に創建したといいます。

養蓮寺
養蓮寺の概要
山号 -
院号 -
寺号 養蓮寺
住所 台東区東上野6-15-2
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



養蓮寺の縁起

養蓮寺は、開祖恵伯が三河から江戸に出府し、正保年間(1645-1648)に創建したといいます。

養蓮寺 地所74坪7合7勺、外ニ墓所添地6坪8合5勺。
当寺開祖恵伯三河の国の産ニ而正保年中に出府仕、養蓮寺起立。下谷幡随院門前辺に住居致し報恩寺末寺にて罷在候由。然る処何代目住持の頃に御座候哉、報恩寺地内へ移転仕候。尤右等之趣申伝而巳にて旧記見不申候。
開祖恵伯。入寂之年号旧記焼失相知不申。月日者8月8日ニ御座候。
本尊木立像阿弥陀如来、丈2尺。右本山之免状3代目智玄焼失仕候由。尤其節本山へ届置候由相見申候。
祖師親鸞聖人御影、安置。右御銘并裏書、貞享4年4月8日一如上人真筆。当寺中興3代目玄智へ之免状ニ候。
教如上人御影、安置。右正保3年6月5日本願寺宣如上人真筆裏書ニ而開祖恵伯へ被下候。尤別紙免状者3代目玄智代焼失。
聖徳太子御影、1幅。七高祖御影、1幅。右2幅共慶安3年8月25日宣如上人御裏書。(御府内寺社備考、報恩寺項より)


養蓮寺の周辺図


大きな地図で見る