猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内 猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

洞雲寺|豊島区池袋にある黄檗宗寺院

洞雲寺の概要

黄檗宗の洞雲寺は、竜泉山と号します。洞雲寺は、獨湛禅師を開山として創建、平石和尚が中興したといい、大正3年(1914)小石川区関口から当地へ移転したといいます。

洞雲寺
洞雲寺の概要
山号 竜泉山
院号 -
寺号 洞雲寺
住所 豊島区池袋3-5-30
本尊 木像釈迦如来坐像
宗派 黄檗宗
葬儀・墓地 洞雲寺会館
備考 -



洞雲寺の縁起

洞雲寺は、獨湛禅師を開山として創建、平石和尚が中興したといい、大正3年(1914)小石川区関口から当地へ移転したといいます。

「豊島の寺院」による洞雲寺の縁起

寛文年中(1661-1673)平石道樹老和尚を中興開基として関口に創立。大正3年(1914)小石川区関口町より巣鴨村大字池袋字丸山1605へ移転。(「豊島の寺院」より)

東京名所図会による洞雲寺の縁起

洞雲寺関口町百七十六番地音羽町八丁目西裏音羽橋の傍にあり龍泉山と號し黄檗宗萬福寺末、本尊釈迦如来開山獨湛禅師中興平石和尚元禄十年創立門前に不許葷酒入山門警巌禅師書と刻せる建石あり本堂東面す住職は毛利圭巌なり(東京名所図会より)


洞雲寺の周辺図


大きな地図で見る