猫の足あとによる千葉県寺社案内

長松寺|市川市本行徳にある臨済宗大徳寺派寺院

長松寺の概要

市川市本行徳にある臨済宗大徳寺派寺院の長松寺は、長松寺は、小田原北条家家臣の松原淡路守重之が開基となり、渓山和尚が天文年間(1532-1555)に開山したといいます。江戸期には当地周辺は塩場(塩田)で、塩焼の労働者たちの信仰を集めていたといいます。行徳・浦安観音霊場三十三ヵ所3番札所です。

長松寺
長松寺の概要
山号 塩場山
院号 -
寺号 長松寺
本尊 薬師如来像
住所 市川市本行徳8-5
宗派 臨済宗大徳寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



長松寺の縁起

長松寺は、小田原北条家家臣の松原淡路守重之が開基となり、渓山和尚が天文年間(1532-1555)に開山したといいます。江戸期には当地周辺は塩場(塩田)で、塩焼の労働者たちの信仰を集めていたといいます。

境内掲示による長松寺の縁起

臨済宗大徳寺派に属し、開基は小田原北条家家臣松原淡路守重之であり天文年間(一五三二~一五五五年)に渓山和尚により開山された。
当時このあたりは塩場(塩田)であり、山号(塩場山)はこれに由来する。
本尊は薬師如来であり、塩焼の労働者たちの信仰を集めていたという。(境内掲示より)

「市川市内の寺院明細帳」による長松寺の縁起

創立天文九庚子年宗祖大燈國師法楽本寺(萬満寺)三世州甫弟子渓山開基(「市川市内の寺院明細帳」より)


長松寺の周辺図


参考資料

  • 「市川市内の寺院明細帳」