醫王寺|柏市船戸にある真言宗豊山派寺院

猫の足あとによる千葉県寺社案内

雨寶山醫王寺|柏市船戸にある真言宗豊山派寺院

醫王寺の概要

真言宗豊山派寺院の醫王寺は、雨寶山東光院と号します。醫王寺の創建年代等は不詳ながら、火災により字扇町から当地字宮本へ移転したといいます。明治維新までは船戸天満神社船戸三峰神社・船戸八幡神社の別当を勤めていました。

醫王寺
醫王寺の概要
山号 雨寶山
院号 東光院
寺号 醫王寺
住所 千葉県柏市船戸1067
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



醫王寺の縁起

醫王寺の創建年代等は不詳ながら、火災により字扇町から当地字宮本へ移転したといいます。明治維新までは船戸天満神社船戸三峰神社・船戸八幡神社の別当を勤めていました。

「柏市史」による醫王寺の縁起

医王寺
船戸村字宮本に所在。火災により字扇町から移る。雨宝山東光院と号し、江戸時代は名都借村清滝院の直末寺であった。本尊は薬師如来。寛保元年の「郷差出帳」によれば、境内は除地で、不動堂・薬師堂・道心者の住む寮を支配し、また天神・八幡・三峰の各神社を支配していた。(「柏市史」より)


醫王寺の周辺図

参考資料

  • 「柏市史」