猫の足あとによる千葉県寺社案内

主水新田稲荷神社|松戸市主水新田の神社

主水新田稲荷神社の概要

主水新田稲荷神社は、松戸市主水新田にある神社です。主水新田稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、寛永6年(1629)に開創した金蔵院境内に、主水新田の鎮守として創建したといいます。神社隣接の主水新田集会所には江戸川八十八ヶ所霊場71番の大師堂が奉安されています。

主水新田稲荷神社
主水新田稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 倉稲魂命
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県松戸市主水新田16
祭日 10月14日
備考 -



主水新田稲荷神社の由緒

主水新田稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、寛永6年(1629)に開創した金蔵院境内に、主水新田の鎮守として創建したといいます。

「千葉県神社誌」による主水新田稲荷神社の由緒

創建年代など詳らかではないが、金蔵院の中に奉斎された正一位稲荷大明神である。(「千葉県神社誌」より)

「千葉縣東葛飾郡誌」による主水新田稲荷神社の由緒

稲荷神社
主水新田にあり、祭神同前(稲蒼魂命)(「千葉縣東葛飾郡誌」より)


主水新田稲荷神社の周辺図


参考資料

  • 「千葉縣東葛飾郡誌」
  • 「千葉県神社名鑑」