猫の足あとによる千葉県寺社案内

宝藏院|松戸市上矢切にある真言宗豊山派寺院

宝藏院の概要

真言宗豊山派の宝藏院は、光明山と号します。宝藏院の創建年代等は不詳ながら、慶長14年(1609)より以前より当地に真言寺と呼ばれた寺院があったと伝えられ、その後、当寺が創建されたといいます。下総国四郡新四国弘法大師霊場62番、松戸七福神の大黒天です。

宝藏院
宝藏院の概要
山号 光明山
院号 宝藏院
寺号 -
住所 松戸市上矢切1197
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



宝藏院の縁起

宝藏院の創建年代等は不詳ながら、慶長14年(1609)より以前より当地に真言寺と呼ばれた寺院があったと伝えられ、その後、当寺が創建されたといいます。

境内掲示による宝藏院の縁起

開山
慶長十四年(一六〇九)以前、ここに「真言寺」と呼ばれる庵があったと伝えられます。
(境内掲示より)

「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」による宝藏院の縁起

宝藏院
上矢切字寺後ニ在リ。真言宗ニシテ金町村金蓮院ノ末寺ナリ。光明山ト号シ阿弥陀如来ヲ本尊トス。現住職ハ福井亮海氏ニシテ、堂宇間口七間・奥行五間、境内四百二十七坪アリ。境内ニ行基菩薩ノ作ナリトイフ薬師如来ノ像ヲ安置ス。(「松戸市史料 第4集 松戸町誌・小金町誌」より)


宝藏院の周辺図