良縁寺。福島県喜多方市慶徳町にある曹洞宗寺院

猫の足あとによる首都圏外寺社案内

物寶山良縁寺。喜多方市慶徳町にある曹洞宗寺院

良縁寺の概要

曹洞宗寺院の良縁寺は、物寶山と号します。良縁寺は、示現寺十世江鷗が開山、天正17年(1589)に伊達政宗の侵攻により堂宇を焼失したといいます。松野観音堂の別当寺を務めており、会津三十三観音2番の御朱印は当寺でいただけます。

良縁寺
良縁寺の概要
山号 物寶山
院号 -
寺号 良縁寺
住所 喜多方市慶徳町松舞家松野730
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



良縁寺の縁起

良縁寺は、示現寺十世江鷗が開山、天正17年(1589)に伊達政宗の侵攻により堂宇を焼失したといいます。

「喜多方市史」による良縁寺の縁起

良縁寺(慶徳町松野)
寛文五年、良縁寺快牛の書上(「示現寺末山事跡」)によると、開山は示現寺十世江鷗。梵悦和尚の時の天正十七年、正宗(伊達)の会津乱入により焼亡し、寺号ばかりが残ったとある。『新編会津風土記』もほぼ同じ内容で、本尊は釋迦とある。(「喜多方市史」より)

境内地蔵堂について

松野地蔵菩薩由来記
古くは雷神山今の地蔵山にお鎮りしてありましたが、慶長十六年の大地震に依り倒壊したため現在地に移されました。
衆生のため延命子育て雨が降らないときは雨乞をお願いし諸々の願いを叶いて下され一切衆生を済度し成佛させて下さる地蔵菩薩であります。
大祭は八月二十四日、月祭は毎月の二十四日です。(曹洞宗物宝山良縁寺千田慧男)


いいお墓

良縁寺の周辺図


参考資料

  • 「喜多方市史」